ちょっとした親切

がん患者が感動した空港スタッフのサービス

2017年09月06日 07時00分

 人からのちょっとした励ましが、患者に勇気を与えてくれることがあります。

 がん闘病中だという乗客からロスト・バゲージ(荷物の遅延や紛失)のクレームを受けたサウスウエスト航空のサラ・ロワンさん(27)。サラさんがとったクレーム対応が、感動を呼びました。

 サラさんは7月29日の夜、乗客のステーシー・ハートさんから、預けていた荷物が届かないという連絡を受けました。ステーシーさんは予約を変更し直行便で目的地に到着したのですが、荷物だけは乗継便に乗ったまま、別の空港へ搬送されてしまったのです。

 ステーシーさんの荷物には、抗がん剤治療の副作用を抑える薬が入っていました。彼女は7月30日の朝までに、必ず荷物を受け取る必要があったのです。なぜなら、翌朝から病院で抗がん剤治療を受けることになっていたからです。少しパニック状態だったステーシーさんは、自分がステージ4の直腸がんを患っていることを告げ、翌朝までに必ず荷物を見つけてほしいと懸命に説明しました。

 サラさんは必ず届けると約束したものの、荷物が最寄りの空港に到着したのは7月30日の午前2時。このままではステーシーさんの治療時間に間に合わないと判断したサラさんは、乗客記録から彼女の住所を特定し、車で荷物を届けることにしました。幸い、ステーシーさんは空港から20分の場所に住んでいました。

 「ステーシーさんの抗がん剤治療に間に合うように荷物を届けることが大事。私の帰宅が少し遅くなるくらい、たいしたことはないと思っていました」とABCニュースの取材に応じ、当時を振り返ったサラさん。

 翌朝、玄関には励ましのメッセージが書かれた彼女の荷物が置かれていました。

(Facebook/Southwest Airlines

 「ステーシー、荷物が遅れてしまってごめんなさい!私とサウスウエスト・ファミリーは皆、あなたの幸運を祈っています。ガンなんか、やっつけちゃえ!心を込めて。サラより」

 メッセージを読みながら、泣いてしまったと話すステーシーさん。「彼女(サラさん)は、この困難な状況の中で私を落ち着かせ、安心させてくれました。本当に素晴らしい人だわ」

 一方、サラさんがここまで親身になれたのは、ステーシーさんの人柄のお蔭だと言います。「あのような状況にあれば、誰でもフラストレーションがたまるでしょう。でも、彼女はとても落ち着いて説明をしました」。ステーシーさんの電話口でのマナーのよさが、サラさんを動かしました。またサラさん自身も父親をガンで亡くしているので、ステーシーさんのことは他人事ではなかったと話しています。

(Facebook/WTAE-TV Pittsburgh

 後に、サラさんへ感謝の気持ちを届けるために、花束を持ってサウスウエスト航空のカウンターを訪れたステーシーさん。二人は感動の出会いを果たし、抱き合いながらお互いをねぎらいました。

 闘病中のステーシーさんに、大きな勇気を与えたサラさんの行動と走り書きは、サウスウエスト航空のフェイスブックにアップされ、たくさんの励ましのコメントが寄せられています。

(文・郭丹丹)

関連キーワード

関連特集

^