THE EPOCH TIMES
夢で教えてくれた

神様へのインタビュー「今の人間を見てどう思いますか?」

2018年01月29日 07時00分

 ただの空想かもしれないし、潜在意識からのメッセージかもしれません。でも、夢の中で聞いた言葉には威厳があり、その声は慈愛に満ちていました。神様からのシンプルなアドバイスに耳を傾けてみませんか?


 ある女性は、夢の中で神に二つの質問をしました。現代の人間を見て、あなたが最も驚いていることは何でしょうか?そして、あなたの子供たち(人間)に何を学んでほしいと思っているでしょうか?

 神様は教えてくれました。彼が最も驚いているのは、人間が常に、自分たちがその瞬間に所有していないもののために、奮闘していることでした。子供たちは子供のままでいることを拒み、すぐに成長しようとします。そして、大人になると子供時代を懐かしむのです。

(NTD Inspired)

 人間はお金を稼ぐために身体を壊し、そのお金を使って健康を取り戻そうとします。常に将来のことを心配し、妄想の中で生きています。つまり、「今」を生きている人は少ないのです。

 そして、女性は聞きました。あなたの子供たち(人間)に学んでほしいことは?

 神様は答えました。自分を他人と比べないこと。自分が誰かに愛されようとするより、自分自身を愛し、愛されているのを知ること。そして、最も豊かな人間とは多くを所有する者ではなく、多くを欲しがらない者だということ。

(NTD Inspired)

 愛する人を深く傷つけることは簡単だが、その傷が癒えるのは何年もかかるということ。他人を赦すことを繰り返し、寛容を学ぶこと。二人の人間が同じ事象を見ても、それぞれが違った見方をするものだということ。

 最後に、女性は神様にお礼を言いました。「お時間をいただきまして、有難うございました」「最後に、あなたの子供たちに知ってほしいことはありますか?」

 神様は答えました。「ここに、私がいるということを覚えておきなさい。永遠に、私がここにいるということを」

(NTD Inspired)

(翻訳編集・郭丹丹)

関連キーワード

関連特集

^