THE EPOCH TIMES
伝統文化

旧正月の祝い方 食べ物編:魚をひっくり返してはいけないのは何故?

2018年02月17日 06時00分

旧正月の祝い方:習慣編に続いて、この時期に縁起物として食される料理をご紹介します。

餃子:幸せを包み込む餃子は、結婚、誕生日、入学祝い、入社祝いなど、あらゆる祝い事に出番がある餃子。特に小麦を主食にする中国北方地域でよく見られます。中国の古代貨幣の「元寶(げんぽう)」を象ったもので、中には幸運のシンボルとなるものを入れます。

メロンとヒマワリの種:沢山の種を持つ植物は、子孫繁栄を象徴します。

おもち:中国語では「年糕(ニェンガオ)」と書き、東部地域でよく食べられています。「糕(ガオ)」は「高(ガオ)」と発音が同じことから、運気上昇の意味が込められます。

ミカン(蜜柑):中国語の簡体字では、ミカンは木へんに「吉」の「桔(ジュイ)」。発音も「吉(ジー)」に近いので、正月飾りにもなります。。旧正月商品が並び賑わう市場でも、枝付きのミカンが良く売られています。

広西チワン族自治区柳州市のミカン農家。旧正月の祝いのためにたくさんのミカンが出荷される(STR/AFP/Getty Images)
2月10日、香港のビクトリアパーク近くに開かれたミカン売り場(ISAAC LAWRENCE/AFP/Getty Images)

たべものトリビア:御馳走の魚料理をひっくり返してはいけない

大晦日、日本では荘厳な除夜の鐘をきき、静かに日本の年越しそばをすすります。新年お祝いの席は元旦から。いっぽう、旧正月では大晦日の夕食は、遠方から集まってきた家族の再会を祝うご馳走の宴となります。地域によって料理の内容は違いますが、魚はどこででも好まれているようです。

中国語では「魚」は「ユイ」と発音され、「余り」という意味の「余(ユイ)」と同じため、縁起が良いとされているからです。新年に「年々有余(=毎年お金に余りが出てゆとりのある生活が送れますように)」と言って祝いますが、「年々有魚(毎年魚が食べられますように)」とも受け取ることができます。

中国料理では、調理された魚が丸ごと(頭も骨も目玉も付いたまま)食卓に運ばれ、片面から食べ始めます。片面を食べ終わったら背骨をきれいに取り除いて、残りの片面を食べます。「余」の逆の意味が「不足」なので、「魚」を裏返して反対側を食べることは縁起が悪いとされています。

合わせて読みたい:≪医山夜話≫ (57) 魚スープ

旧正月は、家族の再会を祝って団欒し、新たな一年への希望を抱く時です。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、叔父叔母、離れて暮らす親戚に電話をかけて、「新年快楽!」「過年好!」と旧正月を祝います。

(大紀元編集部)

関連キーワード
^