印刷版   

原油の供給不足と価格上昇を警告=イラン国営石油会社

 イラン国営石油会社(NIOC)の幹部は1日、今年夏のガソリン需要期には原油価格が5%、冬にはさらに5%上昇するとの見通しを示した。

 同幹部はイラン学生通信(ISNA)に対し「夏のドライブシーズンに伴うガソリン需要期には、原油価格は少なくとも5%上昇する見通しで、冬にはさらに5%の上昇が予想される」と話した。

 同幹部によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国の多くは、ほぼフル生産の状態にあるという。イランはOPECの中で生産量第2位。

 同幹部は「したがって、需要が増加すれば備蓄を使わざるを得ない」と指摘。

 また「最も楽観的に見ても、将来、需給は非常に拮抗(きっこう)し、余剰供給のない状況に陥るだろう」と述べ、悲観的に見れば、冬には需要が供給を上回る可能性があるとの見方を示した。

[テヘラン 1日 ロイター]

 (07/06/02 14:00)  





■関連文章
  • イラン、核活動停止する兆候みられず=米国務長官(07/06/02)
  • 国連はイラン制裁を強化すべき=ブッシュ米大統領(07/05/25)
  • 原油価格高、世界経済見通しに明確に影響せず=IMF報道官(07/05/25)
  • イラン、ウラン濃縮活動を拡大=IAEA報告(07/05/24)
  • イランと北朝鮮、2国間関係強化で合意=イラン学生通信(07/05/14)
  • 1日時点の全国ガソリン価格、前週比3.4円上昇(07/05/07)
  • イラン通信省、「不道徳な」携帯電話メッセージを検閲へ(07/05/01)
  • 世界人権年度報告:中国の人権問題に重大な関心(07/04/29)
  • 攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官(07/04/27)
  • ロシア、イランのブシェール原発近くでのミサイル訓練を批判(07/04/12)
  • イラン大統領、9日に核計画について発表へ(07/04/09)
  • 解放された英兵士が帰国、イラン核開発問題への影響が今後の焦点(07/04/06)
  • 解放された英兵15人が英国に帰国へ=航空会社関係者(07/04/05)
  • 英兵15人を「恩赦」解放する=イラン大統領(07/04/05)
  • 英政府、英兵拘束問題解決に向けイランに直接対話を提案(07/04/04)