印刷版   


春の紫外線予防対策

作者:玉 宇

 【大紀元日本4月4日】長い冬が終わり、ポカポカ陽気が感じられる時期になると、つい日焼け止めを塗るのを忘れてしまいます。しかし、春先から夏にかけて紫外線は強くなってきますので、しっかりとお肌をガードすることが大切。紫外線は、肌を乾燥させるだけでなく、シミや皺の原因にもなるので注意が必要です。

 お勧めの紫外線対策は、ゆるめの日焼け止め栄養クリームを塗り、その上に美白効果のあるさっぱり系の日焼け止め乳液を重ね塗りすることです。複数のクリームで紫外線を防御すれば、より効果的にお肌を守ることができます。更に、乾燥を防ぐため、たっぷりと化粧水で保湿することを心がけましょう。

 
マスクは日焼けした後の肌を落ち着かせる作用がある。

日焼けするのは、顔だけではありません。首から鎖骨にかけてもしっかりと日焼け止めを塗ることで、「顔と首の色が違う」というトラブルを避けることができます。

 日焼け止めクリームは、指の腹の部分で優しく肌の上で延ばすようにし、肌を刺激させないようにすること。最後に、クリームが肌にぴったりとなじむよう、両手で軽く押してあげれば自然な仕上がりとなります。

(翻訳・豊山)

 (09/04/04 21:40)  





■関連文章
  • 犯罪者の中国高官訪日:法輪功学習者、外務省に請願書提出        (09/04/03)
  • 日本在住の法輪功学習者、議員会館前で抗議活動:来日中の中共・李長春を非難(09/04/02)
  • 相手をよく見よ!李長春その人(09/03/31)
  • 桜の花に見守られ、法輪大法パレード:法輪功迫害の急先鋒・李長春を許すな!(09/03/30)
  • NPO法人 日本法輪大法学会、麻生首相に要望書提出:法輪功迫害の首魁・李長春の日本入国を拒否せよ(09/03/27)
  • 香りくる梅にメジロと春の風(09/02/28)
  • 【台湾通信】南国・北台湾の春らんまん(09/02/17)
  • 【台湾通信】2009年旧正月を迎える年越しの風景(09/01/27)
  • 中国当局の抗議エリア:申請はすべて却下、拘留者も(08/08/12)
  • 【詩】北京の春(08/05/13)
  • 米議会「人権と五輪」シンポジウム、「民主訴求は五輪政治化ではない」(08/04/14)
  • 【台湾通信】春爛漫、赤もみじ(08/04/13)
  • 【台湾通信】春爛漫、咲き誇る美しい蘭の花(08/04/12)
  • 【映像と短歌のコラボ】立春の寒梅(08/02/05)
  • 迎春ガーラ(08/01/04)