印刷版   

南水北調プロジェクトは、三峡ダム工程よりも環境を破壊すると考えられている(新唐人テレビ映像)

「南水北調」プロジェクト、三峡ダムより深刻な環境破壊の恐れ=中国

 【大紀元日本8月31日】中国ではこのほど、「南水北調プロジェクト」に伴う住民の移転を正式に開始すると発表した。このプロジェクトは、長江、准河、黄河、海河をつなぐ東線、中央線、西線の3本のルートを建設し、中国南部の水を北部へ引く一大工事。同プロジェクトについて、ドイツ在住の水利専門家・王維洛氏は「三峡ダム工程よりも深刻な環境破壊が起きる」と指摘している。

 王氏によると、同プロジェクトにより建造されるルートは、大・小の川を含めて700本近い河川を横断することになる。これは自然の法則に反した方法であり、増水期や干ばつ時に予測できない結果をもたらす可能性がある。「現在これらの河流状態はよいのに、これら全ての河流が溝で繋がっていたら、洪水の時、どこへ水を流せばよいのか」と王氏は懸念する。

 この他、各ルート工事はこれら河川の中・下流地域に深刻な環境破壊をもたらすと王氏は指摘する。たとえば、東ルートの調水工程では、長江河口地区の土壌塩類化などの問題を引き起こし、また中部ルートの工程では武漢、湖北地区にも計り知れない損失をもたらす危険性がある。しかし、これら巨大な代償を支払っても、華北地区の水不足問題は解決できない、と王氏。「華北の水不足問題の根源は、干ばつではなく、自分たちで水資源を破壊したことが原因だ」と述べ、これを調水で解決することはできないと主張する。

 建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞受賞者ジャレアード・ダイアモンド氏(Jaleaed Diamondo)は、自身の著作『大崩壊』の中で、南水北調プロジェクトは汚染を拡散し、河水資源の均衡を失わせ、生態系に大きな破壊をもたらすと主張している。

(翻訳編集・坂本)

 (09/08/31 01:16)  





■関連文章
  • 中国のゴミ焼却場による汚染拡大、世界中に被害の恐れ(09/08/16)
  • 台湾、20万頭の豚の死骸を急遽処分(09/08/15)
  • 大型台風8号、過去50年で最悪の被害=台湾(09/08/10)
  • 化学工場のカドミウム汚染で中毒死、村民が連日抗議=湖南省(09/08/08)
  • 養殖魚が謎の大量死、経済被害900万円か=安徽省(09/07/29)
  • 連日の猛暑、広範な干ばつと飲用水不足=湖南省(09/07/25)
  • 化学工場の違法操業、地下水汚染で住民に中毒症状=浙江省(09/07/23)
  • 北京市:米国大使館の大気汚染情報、市民が注目(09/07/01)
  • 山東省「ガン県」、汚染に苦しむ住民が決死隊結成(09/06/20)
  • 中国16省で洪水・冠水発生、死者41人(09/06/12)
  • 中国湖北省:集中暴雨で死者4人、行方不明者6人(09/06/02)
  • 豆乳メーカー、中国で人気(09/05/20)
  • 経済変化にともない悪化する大気汚染 重慶・中国(09/05/19)
  • 中国大陸気候失調による各地の状況(09/05/08)
  • 汚染された中国製薬品、米国でアレルギー反応と死者(09/04/27)