印刷版   

湖で転覆事故、73人死亡=コンゴ

 【大紀元日本12月1日】11月25日、コンゴの首都キンシャサ東北部バンドゥンドゥ州のマインドンベ湖で転覆事故が発生し、少なくとも73人が死亡した。

 現地メディア28日の報道によると、コンゴ西部に位置するマインドンベ湖で、木材運搬船が航行中、転覆した。規定によると、この船は客船として使用することはできないとされているが、事故当時300人以上が乗船していたという。船の転覆後、272人が救助され、73人が死亡。一部は行方不明のままである。

 詳細については現在明らかになっていないが、死亡者数は増加する可能性があると見られている。

(翻訳編集・坂本)


 (09/12/01 08:07)  





■関連文章
  • 中国企業、コンゴで武装勢力に襲撃される(09/10/09)
  • 中国の対コンゴ経済援助、アフリカ最大借款提供のねらい(07/11/30)
  • コンゴ:原因不明の感染症、犠牲者の半数は子ども=WHO(07/09/06)
  • 中共・温家宝首相、アフリカ歴訪、資源外交を開始(06/06/19)