印刷版   

濃いスモッグに包まれる北京。6月5日撮影(STR/AFP/Getty Images)

中国のがん患者、10秒間に1人 肺がん死亡率は465%上昇

【大紀元日本6月15日】最新の調査によると、中国では、がん患者は毎年312万人増加し、200万人が死亡していることが明らかになった。10秒間に1人ががんと診断されていることになる。また、発病率と死亡率も上昇しているという。

 北京大学腫瘍医院、北京市腫瘍予防研究所が発表した「1995年―2010年北京悪性腫瘍発病報告」によると、2007年から2010年まで北京市民の死亡原因は「がん」が最も多く、2010年では、死亡者4人のうち1人ががん患者であるという。特に、肺がん、乳がん、大腸がんなどの発がん率が著しく増加している。

 昨年度の中国全土の市民を対象とした死亡原因の調査では、過去30年間で肺がんの死亡率は465%上昇していることがわかっている。

 中国医学科学院腫瘍医院流行病研究所とWTO国際がん研究所による、中国人の発がん原因の調査によると、その要因は喫煙や飲酒、粗悪な食事習慣、生活習慣に加え、環境汚染にあると指摘している。

(翻訳編集・佐渡 道世)


 (13/06/15 11:52)  





■キーワード
がん  環境汚染  


■関連文章
  • 乳がんの発症とがん抑制遺伝子変異の関与度(13/06/03)
  • 昆明市で大規模なデモ、石油化学工場の建設に抗議(13/05/17)
  • 河北省ガン村、赤い井戸水 有毒化学物質は基準値の73倍(13/04/11)
  • ブタ死骸が7550頭に 専門家「毒だらけ」(13/03/15)
  • 呼吸器専門家:広州でも肺が黒い 北京はなおさらだ(13/03/06)
  • 香港、粉ミルク購入規制で検挙者続出 (13/03/05)
  • 子孫が絶える「偉業」=環境汚染を憂う中国人ブログ(13/03/01)
  • がん村、247カ所も実際は「はるかに超える」 「がん川」へ蔓延(13/02/23)
  • 化学物質汚染「極めて深刻」 中国当局、「がん村」認める(13/02/21)
  • 大気汚染の原因は石油大手2社 環境より利益優先=仏メディア(13/02/07)
  • 中国、大気汚染深刻 初代環保部トップ「回避するチャンスはあった」(13/01/31)
  • 中国社科院、「本当のGDP成長率は5%前後」 環境汚染が原因か(12/12/20)
  • 世界遺産の庭園で上海ガニを養殖=北京・頤和園(12/09/27)
  • 四川省の大規模なデモ、学生の参加に当局は警戒(12/07/13)
  • 四川省の大規模デモ 当局が譲歩 英メディア「市民の力を見せつけた勝利」(12/07/05)