中国、30年で男子3000万人多く出生 アンバランスが深刻化

2014年07月12日 23時52分
【大紀元日本7月13日】中国国家衛生と計画生育委員会は10日の定例記者会で、この30年来、男子が2400~3400万人多く出生し、出生人口の性別比のアンバランスが今後、男性の結婚や就職に影響しかねないと警鐘を鳴らした。

 中国では男尊女卑という伝統的考えがまだ根強いうえ、一人っ子政策の実施も拍車をかけ、妊娠中に胎児が女の子と分かった場合、中絶手術を行う人が後を絶たない。同委員会によると、出生人口の性別比は男103~107:女100が適正な数値とされているが、中国は04年に最悪の121.2を記録した。09年から徐々に下がり始めたが、2013年になっても117.6と世界最高水準を維持している。さらに、性別比のアンバランスは最も長く持続し、影響を受ける人口が最多となり、問題は深刻であると南開大学の原新教授は記者会見で指摘した。

 この問題は女性への差別につながるほか、男子が将来成人した場合、結婚難、就職難などの問題に直面し、社会の安定にも影響を及ぼしかねないと同教授は述べた。

(翻訳編集・江音)
関連キーワード
^