香港誌、中国「地下でスーパー級の核基地」を建設 

2015年03月24日 15時52分
【大紀元日本3月24日】中国の地下にスーパー級の核基地が建設されていると、香港政論誌・争鳴3月号が報じた。1992年2月27日に建設が決定され、1994年3月に着工、2019年の完成を目指している。

 「軍事の長城」とも呼ばれる基地は全長9600キロ、10省1都市を結んでいる。北京から始まり、山西省太原市、陝西省天水市、四川省綿陽市、四川省宜賓市、貴州省貴陽市、湖南省懐化市、湖北省石門市、河南省許昌市、山東省済寧市、河北省保定市を通って北京に戻る、という巨大な環状基地となっている。深さは場所によって50~180メートルとなっており、1級道路(4車線)、2級鉄道線路(複線)、3級道路(2車線)などが建設されている。

 総工費は5兆5000億元(約106兆円)。当初、2020年に完成する予定だったが、2019年の中国建国70周年記念に合わせるため、工期を前倒しして進められている。

  同基地について、中国国防報は09年、核兵器を管理する第2砲兵部隊が中国北部にある山岳地帯の地下で、核兵器を保管する「大規模なトンネルを複数の地域で建設中」と報じ、存在を認めていた。

第2砲兵部隊部隊による地下トンネルでの訓練 (看中国)

(翻訳編集・江音)
関連キーワード
^