THE EPOCH TIMES
科学の向こう側

地獄は存在する ある証言者の体験

2017年12月29日 07時00分

 臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちたものだったと回想しています。しかし、まれに地獄のような暗黒の世界を垣間見て生き返る人も。自殺を図ったある男性の証言をご紹介します。


天国と地獄

 1989年、当時19歳だったジェフリーさん(Jeffery)は、ガールフレンドが自分の友人と浮気していたことを知り、大量のドラッグを飲んで自殺を図った。母親が異変に気づき、すぐに救急車で運ばれたが、病院に着いた時はすでに意識はなく重体だった。その時、彼の意識は自分の身体から抜け出して、病室の様子を眺めていた。

 彼は次に、青い天使に引っ張られて光の柱に入った。二人は光の中をものすごいスピードで移動し、到着した場所は雲の上。天国の門の前で、大勢の人々が待っているのが見える。しかし、彼はそこに並ぶことはできず、天使に助けられながらこの人生で経験した出来事を一緒に振り返った。

(Epoch Times Uplift)

 すぐに場面が変わり、彼の目の前に巨大な茶色い化け物が現れた。5、6本の角といくつもの目を持ったその化け物は、臭気を漂わせながら口汚く彼を罵り続けている。化け物はジェフリーさんに立方体になった地獄の部屋を見せた。地獄の部屋はそれぞれの魂の特徴に合わせて、様々な苦しみを与える造りになっている。化け物は人々が苦しむ姿をみることを無上の喜びとしていた。

 彼がある部屋に入れられると、自分がそれまでの人生で傷つけてきた人々の場面が、ひとつひとつフラッシュ・バックした。彼の言動により、周りの人々がいかに傷つけられたかを学習させられた。自分がいかに他人の気持ちに鈍感で、無慈悲で、冷酷だったか。自分が傷つけた人々の心を体験させられることは、言葉にできないほど苦痛だった。

(EpochTimes Uplift)

 場面が変わり、ジェフリーさんは自分がとても暗い部屋にいることが分かった。そこは天井が低く、とても寒く、床が濡れている。真っ暗で何も見えないが、遠くに薄っすらと灯りが見える。

 光を頼りにそちらへ進むと、人々がそこに集まってひざまずいていた。手首に傷がある者、首にロープが巻かれた者、頭の後ろが飛び散っている者。皆、なんらかの形で自殺を図ったのだろう。彼らは一言もしゃべらず、叫び声だけが響き渡る。悪魔が数人をわしづかみにすると、すぐに火が燃えさかる地獄へと投げ込んだ。次は自分かもしれないとおびえながら目をつぶると、彼が過去に犯した罪がフラッシュ・バックして辛くなる。しかし、目を開けると、目が焼けるように熱くなり、痛みに耐えかねない。部屋は暗くて寒く、つま先とヒザを折り曲げてひざまずいた態勢は、また彼に肉体的な苦痛を与えた。

まだ希望がある

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^