研究:「彼岸の世界」あの世とはどういう世界か(4) 

人生は運命の川に浮かぶ夢に過ぎません。目覚めた後の私たちの魂はどこにあるのでしょうか?ミシェル・ニュートン博士はセッションの中で、患者が深い催眠状態にある時、時折、彼らの意識が彼岸の世界に到達することを体験しました。
2022/03/21

研究:「彼岸の世界」あの世とはどういう世界か(2)そこに生命の過去と未来が記録されている

臨死体験を経験した多くの人々は、肉体を離れる経験をしています。心臓の鼓動が止まったり、脳の機能が止まったりすると、異なった次元で生き返り、一時的に元神や魂が肉体を離れた時の過程を思い出すことができます。
2022/03/16

研究:「彼岸の世界」あの世とはどういう世界か(1)

人生は世界の運命の川に浮かぶ夢に過ぎません。目覚めた後の私たちの魂はどこにあるのでしょうか?
2022/03/15

あなたの選択は? 霊に生きるか死ぬか尋ねられた男

カリフォルニアのある作家が、何年も前に自分に起きた臨死体験を語りました。 この時、彼の魂は肉体を離れ、天上で霊に出会い、人間の世界に戻るかどうかを選択する機会を与えられました。
2021/10/27

患者の魂が肉体から離れるのを見る

『史記』の記録には、扁鵲の治癒についての驚くべき物語が記されています。扁鵲は、昏睡状態にある患者の覚醒の瞬間や、将来の結果を予測することができました。 その患者は、晋国の権力をコントロールしている大夫で、目覚めた時の言葉は、扁鵲が予測した通りでした。 これは、古代で頻繁に起こる死の体験を記した、真の記録とも言えます。
2021/09/16

ある日の出来事 「夫が交通事故で死んだ?」 

ロイヤーとマノギは結婚してから数年です。
2021/07/19

体から魂が抜け出た人(下)

「あなた、あと7日で納税の締め切り日が来るわ。書類を整理して、すぐに郵送しなければだめよ。もし今回も以前のように、だらだらとそれを遅らせるなら、私はこの家からすぐに出ていくわ…」まだ夜の明け切らない早朝に、妻は彼の耳もとで呟きました。
2021/06/20

体から魂が抜け出た人(上)

Aさんの主治医は私の診療所をAさんに紹介し、カルテをたくさん送ってきました。私がまだカルテを読んでいないうちに、Aさんは私の診療所へやって来ました。
2021/06/19

<心の琴線> 生と死について―最後だとわかっていたなら

未曾有の大災害を目のあたりにして、多くの被災された方々のことを思うとともに、生や死について深く考えさせられた。そしてすぐに10年前、NYで起こった911ワールド・トレードセン
2021/03/17

亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻ってきた人たちがいます。彼らの回想録を読むと、人の一生について、また命や魂について、深く考えずにはいられません。
2020/03/07

鬼神の按排で盗賊が自白に

唐の敬宗宝暦三年(827年)のことです。涇源県に王安国という農民が住んでいました。ある日、彼の家に手に刃物を手にした2人の盗賊が侵入しました。
2019/11/26

有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

愛する人を失ったときそれは真実のように思われるが、彼らが実は死んでいないとしたらどうだろうか?ある有名な科学者は、身体的な死は生涯の終わりにはほど遠いと考えている。一方で、臨死体験をした有名な脳神経外科医は「死後の世界」があると確信している。そしていま、科学界にもこの考えが広まっているのだ。死とは単なる幻想なのだろうか?
2019/10/30

母の生まれかわり 幸福の黄色い蝶

テキサス州フォートワース(Fort Worth)に、ある米国人の大学生がいた。彼は人生のどん底に陥っていた。そんな時、9年前に亡くなった母親のことを、ふと思い出した。もし母がそばにいてくれたら、こんな状態の自分に対しどうしたらよいか教えてくれただろう、と思った。彼のこの思いは本当に「母親」を呼び寄せることになる。
2019/07/21

「死」は二つの世界の中継点か

肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが、そのほとんどは魂の存在を認めている。ロシアの新聞『ウネン』の報道によると、米国デトロイト市にある病院の神経心理学者ポール・ペアソル(Paul Pearsall)氏は、心臓移植を受けた140例の患者について調査を行ない、その結果を『心臓の暗号』という本にまとめた。
2019/02/20

中国神話の登場人物:盤古

昔々、天地ができる以前、宇宙には巨大な卵形の物体だけがありました。
2018/12/29

自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。
2018/01/10

地獄は存在する ある証言者の体験

臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちたものだったと回想しています。しかし、まれに地獄のような暗黒の世界を垣間見て生き返る人も。自殺を図ったある男性の証言をご紹介します。
2017/12/29

最後の時を迎えた王様 4人の妻たちの言葉は?

地位と名誉に恵まれ、割と順調だった人生を終えようとする間際。王様は死の床で、何を思ったのでしょうか。何に執着していても、人間があの世に持って行けるものはただ一つ。すべてを手にした彼にとって一番大切なものが分かったのは、人生の最後でした。
2017/12/13

亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻ってきた人たちがいます。彼らの回想録を読むと、人の一生について、また命や魂について、深く考えずにはいられません。
2017/12/01

英国の医師 魂の存在を実証

【大紀元日本7月6日】魂は、本当に存在するのだろうか。古来、人々は魂の存在を信じ、日本では仏壇のお供えや法事、お盆などの行事が行われきた。また、最近では医療の蘇生技術も発達し、臨死体験を語る人も多い。
2015/07/06

在日台湾画家「魂が震撼させられるステージ」

 【大紀元日本3月7日】著名な在日台湾画家の池依依(チ・イーイー)さんが6日夜、五反田の「ゆうぽうとホール」で開催中の神韻芸術団東京公演に訪れた。昨年に続く2度目の神韻鑑賞に、池さんは日本で旅行中のお
2010/03/07

東京都議・古賀俊昭氏「魂の危機について考えさせられた」=神韻東京公演

 【大紀元日本2月12日】東京都議会議員の古賀俊昭氏と夫人が、11日、米国神韻国際芸術団・東京公演を鑑賞に訪れた。 神韻公演を鑑賞するのは今年で3回目だという古賀氏は、舞台のスケールが大きく、歌の内容
2009/02/12

ダイ族に伝わる神の「天地創造」

多くの民族に、神が土で人類を創ったという神話がある。例えば、漢民族には女媧が泥を捏ねて人間を創ったという伝説があり、ダイ(イ+泰)族にも同じような伝説が伝えられて
2008/06/02

【神韻芸術】ネットで「神韻」を見た中国の民衆、「人々の魂を洗い清める」

 【大紀元日本2月21日】中国の新年の期間にあたる2月11日、河北省のある男性が、携帯電話に入ったショートメールによって知りえた放送時刻と情報規制を突破するある方法により、インターネット・カフェで、新
2008/02/21

前世を記憶する老僧

 【大紀元日本8月23日】ある老僧が屠殺場を通りかかった際、涙が流れるのを禁じえず、深い哀しみを覚えた。人々はとても不思議に思い、なぜ哀しんでいるのか、老僧に尋ねた。 すると、老僧は次のような話を始め
2007/08/23

【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(2)

 【大紀元日本8月16日】「手術を受けている時、私は自分が2人いるような感覚でした。一人は手術台に載せられていて、もう一人の魂は宙に浮いて、手術の工程を見ているのです。先生が私の乳房から組織を切り取っ
2007/08/16

「死」は二つの世界の中継点か

 【大紀元日本7月4日】肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが、そのほとんどは魂の存在を認めている。
2006/07/04