大紀元時報

「死」は二つの世界の中継点か

2019年02月20日 22時53分
GettyImages
GettyImages

ロシアの新聞、ウネンの報道によると、米国デトロイト市にある病院の神経心理学者ポール・ペアソル(Paul Pearsall)氏は、心臓移植を受けた140例の患者について調査を行ない、その結果を『心臓の暗号』という本にまとめた。

ペアソル氏の研究結果は驚くべきものだった。ペアソル氏によると、心臓は人間の性格や特徴が存在しているところである。心臓は人間の脳を制御し、感情、恐怖、夢、思想などは、すべて心臓によって管理されている。さらに、「魂」の記憶は、心臓の移植とともに他の人に移り替わることができる。

1915年、人間の魂の重量は、22.4グラムであると発表された。1990年末、米国の科学者はさらに精密に魂の重さを量ることに成功し、死後の体重は生前より2.5~6.5グラム減少したことが分かった。

2001年、イギリスの科学者サム・パルニア(Sam Parnia)氏とピーター・フェンウィク( Peter Fenwick)氏は、臨死体験を経験した63人の患者に対して調査を行ない、彼らのうち7人は「死亡時」の感覚を鮮明に覚えていることが分かった。彼らの証言によると、「死亡時」の感覚は、時間が速くなる、嬉しい気持ちになる、光が見えた、天使と聖人が見えた、別の世界にしばらく滞在したというものである。

2001年、ピム・ヴァン・ロメル(Pim van Lommel)氏をはじめとする3人のオランダの科学者は、臨死体験を研究し、その研究論文が英国の医学雑誌「ランセット」で発表された。論文の中には、次のような症例があげられている。

ある瀕死の患者が救急蘇生されていたとき、一時、脳波が一直線になり、大脳の活動が完全に停止状態になった。気管挿入のために、入れ歯が外された1時間後、この患者は意識が戻り、そばにいる看護婦に「あなた、私の入れ歯を押し車の引き出しの中に置いたでしょう」と話した。この患者の話によると、救急蘇生処置がなされている間、自分はずっと天井の上で見ており、救急蘇生が途中で中止されるのではないかと心配していたという。さらに、この患者は当時の医者たちの動きを全部覚えていた。

ロメル氏たちは、「瀕死の患者が、本来見えないはずのものを見たのは、ちょうど中枢神経の機能が停止した時で、その時に意識が大脳から分離して活動をしている」と考えている。

なお、彼らの研究によると、女性の瀕死感覚は男性より強く、また、視力障害者が瀕死状態で見たものは、視力健常者と変らないという。

魂が本当に不滅のものであるとすれば、「死」は、ただ二つの世界の中継点に過ぎないのかもしれない。

(大紀元記者・嘯宇)

 おすすめ関連記事:亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

関連キーワード
^