THE EPOCH TIMES
真実と伝統

ホーソン効果:努力するための秘訣は面談にあり

2018年09月22日 22時47分

アメリカのシカゴ郊外にあるホーソン工場は電話交換機を生産する工場であった。そこには比較的整った娯楽施設や医療制度、年金制度が整備されていた。しかし、労働者たちは相変わらず不満が多く、生産状況はあまりよくなかった。

その後、心理学者はある実験を行った。それは二年間の間、専門家が労働者とマンツーマンで面談をすることだった。面談の時間では専門家が労働者の会社に対する意見と不満を一生懸命聞いた。この面談の実験は驚くほどの結果を得た。ホーソン工場の生産高が大幅に増加したのだ。

この実験と同様、子どもの学習や成長の過程において不満や困惑がつきものだ。しかし子どもはしばしばそれを言葉にできないことが多い。親としては、子どもと会話する時間をできるだけねん出することが大切だ。会話の中で、子どもが思い存分話せるよう気長に誘導し、子ども自身の生活や学習における問題を話させ、自分の親や学校、先生、同級生に対する不満を話させる。子どもはそれらを話すことですっきりすることができ、気分も楽になるはずだ。こうすることでより努力して学習を進めるようになり、今以上に自信を持って生活することができるようになる。

(編集・文亮)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^