大紀元時報

ダイバーが泳ぐ「羽衣ダコ」の映像を捉え、インターネットで公開、衝撃が走る

2019年07月17日 12時12分
(Illustration - Getty Images)
(Illustration - Getty Images)

羽衣ダコは確かに世界で最も珍しく奇妙な生き物の1つだ。

熱帯や亜熱帯地域の深海に生息するため、ヒトと接触することはほとんどない。目撃情報もまれであり、映像となると非常に珍しい。

足と足の間に膜があり、広げることで敵の目をくらますことができる。インド洋や太平洋に生息し、自身が捕まえることができる敵を探し、動き回る習性がある。

毒に耐える能力があり、触手を切り離し武器のように扱える。また切り離した触手は驚くほど早く回復することができ、海の生態系の不思議の1つである。

今年の4月、フィリピンの写真家が羽衣ダコと出会い、カメラを構えた。その映像は全世界に公開され、誰もが驚嘆した。

イスラエルのカメラマンもロンブロン島で羽衣ダコと出会った。身体は多くの色で構成されており、足の間には名前の由来でもある膜があった。

彼の映像は、映像自体も貴重ですが、かつ高解像度で撮影された。羽衣ダコが膜を広げ、海を漂う様を鮮明に映した。

 

 

「アドレナリンが上がり、カメラのボタンの場所が分からなくなり、手が震えた。」とカメラマンは述べた。

「羽衣ダコに出会った時、興奮したし、夢がかなった。」

それに出会ったのは1匹ではなく、なんと2匹だった!

National Geographicによると、羽衣ダコはメスがオスよりもかなり大きく、非常に独特な生態をしている。今回映像に捉えることができた2匹のタコはいずれもメスである。オスは成長しても体長は1インチにも満たず、クルミと同じくらいの大きさである。一方メスは体長6フィートにも成長する。

これが映像の価値を高めている理由である。珍しい羽衣ダコの映像をその生息地でとらえたのみならず、同じ場所で2匹のタコを捉えたのだ。

他のタコの種と同様に、羽衣ダコは単体でいることが多く、交尾するときだけ集まる習性がある。そのため特別な理由がなく同じ場所で2匹のタコを発見できたのは、まるで隠された宝物を見つけたかのような事態であった。
 

関連キーワード
^