まるでおとぎ話の世界 世界最大 最も美しいアドモント修道院図書館

写真家兼レストラン経営者のNuriel Molchoさんは、イスラエルのテルアビブ出身で現在、ウィーンに住んでいます。彼は熱心な写真家で、今回、予期せぬ訪問でアドモント修道院図書館の美しさを捉える機会を得ました
2022/03/08

フォトギャラリー:2021年お笑い野生動物写真賞受賞作品

「2021年お笑い野生動物写真」の受賞者が発表され、痛々しい表情のゴールデンシルクモンキーの写真が最優秀賞を受賞するなど、合計16作品が受賞しました。いくつかのカテゴリーで受賞した作品をご紹介します。
2021/12/29

ミサゴがベニザケを捕まえた瞬間を捉えた写真がSNSで話題

アメリカの優れた野生動物写真家が、ベニザケを捕らえたミサゴの写真を撮影しました。鋭い眼差しの猛禽類の貴重なディテールと真紅の魚の大きく開いた口を捉えたこの写真は、何万もの「いいね!」を集めました。
2021/11/24

1億画素の特殊カメラで美しい雪の結晶を撮影

自然の驚異のひとつである雪の結晶は、肉眼だけでは見えない極めて精密で複雑な結晶構造を持っている。アメリカの写真家が自作の1億画素マクロカメラを使って、その驚異的な構造がはっきりとわかる高解像度の雪の結晶写真を撮影した
2021/10/10

波の美しい瞬間を捉えた写真家 海の独特な美しさを見せる

数年間、オーストラリアのある写真家は、独自の視点で波の美しさを捉えようと取り組んでいました。撮影した写真は、まるで広い海にも、独自の感情があるかのように感じられます。特に、日の出と日の入りの時の、波と光が交わって融合する美しい瞬間を、彼はカメラに収めました。
2021/09/17

写真家の夢が叶う 天の川の下で水を飲むライオンを撮影

野生動物の写真撮影には、多くの忍耐と運が必要です。 数日前、写真家が南アフリカの公園に3日間近く滞在し、やっと素晴らしい写真を撮ることができました。美しい天の川を背景に、のどが渇いたライオンが川から水を飲む様子が捉えました。奇妙な撮影画面が珍しくて、素晴らしかったです。
2021/09/07

花の国オランダ、写真家が撮った世界で最も美しい花畑

コロナウイルス流行のため、どこも外出規制が厳しい現在。そんななか、オランダ出身の風景写真家、アルバート・ドロスさんは世界で最も美しいと評されるフラワーガーデン「キューケンホフ公園」の様子を写真に収めた。この公園は、71年前に開園されて以後、コロナの影響で初めて封鎖となったため、撮影した時は完全に無人だったという。
2020/07/24

ダイバーが泳ぐ「羽衣ダコ」の映像を捉え、インターネットで公開、衝撃が走る

羽衣ダコは確かに世界で最も珍しく奇妙な生き物の1つだ。 熱帯や亜熱帯地域の深海に生息するため、ヒトと接触することはほとんどない。目撃情報もまれであり、映像となると非常に珍しい。
2019/07/17

マルク・リブー写真展 ライカギャラリー東京、ライカギャラリー京都にて同時開催

ライカカメラジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は、20世紀を代表する写真家の一人であり、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・キャパらとともに、写真家集団マグナム・フォトの名を世界に知らしめる礎となった写真家の一人でもあるマルク・リブー(Marc Riboud)の写真展を、ライカギャラリー東京およびライカギャラリー京都にて同時開催いたします。
2017/09/05

広末涼子が久々にメンズ誌「OCEANS」に登場 自分の「今」を素直に語る

清楚な雰囲気でティーンの頃から歌手・女優として活動している広末涼子が久々に雑誌に登場。30代後半からのメンズファッション&ライフスタイル誌「OCEANS」の連載「#TATERUガールズ〜君のいる部屋〜」8月号(6月24日発売)にて、家庭と仕事を両立するために変わったことなどについて、自分の「今」を赤裸々に語ります。
2017/06/24

著名写真家バート・スターン、神韻にくぎづけ

 【大紀元日本2月23日】写真家バート・スターン(80)氏が20日夜、ニューヨークで上演中の神韻(Shen Yun)芸術団の公演を鑑賞し、演目の内容に魅了された。マリリン・モンロー最後のグラビア写真を
2010/02/23