大紀元時報

子どもはたくさん抱き締められるほど賢くなる=研究

2019年08月18日 06時20分
(Illustration - Shutterstock)
(Illustration - Shutterstock)

1回のハグがその日をより良いものにするか悪いものにするかを左右するという事は、皆さん経験があるでしょう。 私達大人にとってもですが、子供にとってスキンシップはさらに重要です。そして赤ちゃんにとっては本当に重大なことなのです。
より多く抱きしめられた赤ちゃんと子供に、安心感と自信が増すことはよく知られていますが、科学的研究により、ハグする事の影響力がますます証明されつつあります。

Illustration – Shutterstock , Dubova

満期産児が、温かく安全な母親の子宮内の環境から離れ、外界の音、におい、感触そして温度に対してすばらしい適応力を見せる時期、その出生後の最初の数週間を、産科医と幼児期発達の専門家はしばしば「妊娠第4期」と呼びます。
37週間を満たさずに生まれた早産児にとっては、妊娠第4期に足りていません。
早産児達は妊娠中期を中断されています。その両親達は、なぜ我が子が体に密着し、抱いている時しか眠らないのかと医者に尋ねますが、それはどれほどの変化が早産児に起こっているのかを知らないからでしょう。

Illustration – Shutterstock ,Larysa Dubinska

両親と新生児のその過渡期を楽なものにするには?医師と科学者からの答えは簡単なものです。赤ちゃんをできる限り早期から、できる限り多く抱いてあげて下さい。米国の病院の多くの新生児部門は、母親と赤ちゃんのスキンシップ時間を最大限に増やす“カンガルーケア”を推進しています。

心理学専門誌『Psychology Today』によると、ワシントンDCにある小児科病院『the Children’s National Health System』所属の新生児専門家、ナタリア ブランド医師は、スキンシップには数多くの利点があると言及しています。「その利点とは、心拍数、呼吸パターン、血中酸素濃度の安定、睡眠時間と体重の増加、ぐずり泣きの減少、母乳での授乳をより成功に導く事、そして早期の退院を可能にする事です」
ブランド医師はさらに、カンガルーケアのもたらす両親への恩恵について、近年ではさらに多くの研究で力説されていると述べています。この方法で、親子の結び付き、両親の健康と精神衛生、両親どうしの関係、そして母乳による授乳回数などに良い影響を与え、両親が抱えるストレスもまた減少できるのです。

Illustration – Shutterstock , Pavel Korotkov

病院内の新生児集中治療室を最も頻繁に利用する早産児達へのスキンシップについては、さらに驚く結果が待っていました。
オハイオ州にある小児科病院『Nationwide Children’s Hospital』所属のナタリー メートル医師は、そっと触れた時の早産児と満期産児の反応を比較する研究を行いました。想定通り、結果では満期産児の頭脳の方がより強い反応を示しました。

これは満期産児が早産児より有利であるために起こる多くの結果の一つです。
しかし早産児について言えば、両親に抱かれ、触れられていた早産児が満期産児と同様に反応した事が研究により証明されたのです。つまり両親がたくさん抱く事で、早産児は遅れを取り戻し、両親の接触による全ての発育の恩恵を得られるのです。

Illustration – Shutterstock , Lopolo

Psychology Todayでメートル医師は記述しています。「早産児に対する両親からのスキンシップ、積極的な優しい接触を怠らない事は、早産児の脳が、母親の胎内で通常の妊娠期間を全うした乳児とほぼ同様に反応するための重要な手助けとなります」

そしてまたこれらの研究は、10年先の長期の影響として「妊娠第4期新生児」に何が起こるかをも発表しています。メートル医師によると、両親のハグは「実際に学習と社会的感情的繋がりに欠かせない感覚である感触を、脳がいかに処理するかに強い影響を与えることができるのです」

つまり最初の数カ月間に作られた繋がりは、あなたの子供がどの様に学生時代を過ごし、世を渡って行くかに結果として関わってくるのです。触れられる事、見知らぬ人と物を恐れる様になるのか?もしくは自信に満ち、物事に関われる様になるのか?

それは新生児期にどれだけ多くハグされたかによるのです!

Illustration – Shutterstock , GagliardiPhotography

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^