(Photo courtesy of The Cat House On The Kings.com)

野良猫のために献身的に尽くす女性

1973年、リニア・ラッタンジオさんは、自分のベンツと2カラットの結婚指輪を売りました。カルフォルニアの自宅に保護施設を作るためです。現在リニアさんは1100匹以上のと生活しています。そして45人のボランティアさんにも来てもらい、年間維持費が数百万もかかる保護施設を運営しています。

「私ほど好きは世界中探してもいないと思うわ」とリニアさん。彼女は2016年にテレビ局が取材に訪れた時は67歳でとてもお元気そうでした。

Photo courtesy of The Cat House On The Kings.com

では、このどうやってリニアさんはこの広大な保護施設をはじめることになったのでしょうか。

1992年、リニアさんの父親の2匹のが老齢でなくなってしまいました。そこで、リニアさんは、のシェルターに行き、シェルターに保護されていた身寄りのない15匹を連れて帰ってきたのです。

Photo courtesy of The Cat House On The Kings.com

その後、保護シェルターにいるたちが元気がなく、自由に歩き回れない生活を送っていることがどうしても受け入れることができませんでした。リニアさんはどんどん保護し、その同じ年に96匹のを引き取りました。このように「の楽園」が出来上がっていったのです。

「当初は、7年間も自腹をきってやりくりしていました。しかし2004年に理解のある人が現れ、家を寄付してくれました。その家を売ったお金で、隣の土地を買い、土地を広げていき、最終的には12エーカーの広さにまでなりました」とリニアさんは話してくれました。
 

Photo courtesy of The Cat House On The Kings.com

土地からが出ないように柵で囲い、敷地内をが自由に歩き回れるようにしました。しかしの数が増えてくるにつれ、住む場所がなくなってきたリニアさんは自分の家を出て、トレーラーに住むようになりました。

現在は1100匹の(そのうち300匹は子)と一緒に暮らしているリニアさん。そこにいる全てのが捨てられた野良たちです。今はこの楽園で楽しく暮らしています。

Lynea talks with volunteer Joseph Hyder as a resident dog is bathed next door on Aug. 25, 2017 (©Getty Images / Justin Sullivan)

その施設維持費用は相当なもので、餌、糞などの処理、医療費など合わせて年間で160万ドルもかかるそうです。

病院での検査も必要で、獣医は週に一度行くようにしています。また彼女は、この地域の飼い不妊手術をするための金銭的な補助もしています。

リニアさんは、医療費をできるだけ低く抑えるために、獣医の知識を身に付ける訓練も受けました。

Lynea checks on a kitten in a carry basket in the gardens of the property on Aug. 25, 2017. (©Getty Images / Justin Sullivan)

リニアさんの目標は、できるだけ多くのに飼い主を見つけてあげることです。この楽園に住むたちは、とてもフレンドリーですぐでも引き取ってもらえるばかりです。

Lynea hand feeds a young kitten at The Cat House on the Kings on Aug. 25, 2017. (©Getty Images / Justin Sullivan)

リニアさんは、今までのべ28,000匹のを受け入れ、一緒に生活しています。

「これは世界記録に間違いないでしょう」と嬉しそうにリニアさんは話してくれました。

(大紀元日本ウェブ編集部)