大紀元時報

ポークリブスープにプラス1 胃に栄養を与え、血糖値が安定

2020年01月12日 05時01分
豚カルビのスープは非常に脂っこいものですが、スープに「アップル」を加えると、脂っこいものが溶けるだけでなく、新鮮な甘味が増すと同時に、脾臓、胃を強化し、血糖値を維持する効果があります(幸福文化出版提供)
豚カルビのスープは非常に脂っこいものですが、スープに「アップル」を加えると、脂っこいものが溶けるだけでなく、新鮮な甘味が増すと同時に、脾臓、胃を強化し、血糖値を維持する効果があります(幸福文化出版提供)

豚カルビのスープ非常に脂っこいものですが、スープに「アップル」を加えると、脂っこいものが溶けるだけでなく、新鮮な甘味が増すと同時に、脾臓、胃を強化し、血糖値を維持する効果があります。妊娠中の妊婦に特に適しています。

作り方(2人前)

材料:リンゴ2個、アロエ1個、ポークリブ500 g、砂糖漬けデーツ4個 他。生姜3片、塩少々

調理時間 1,5時間

1.リンゴを洗い、皮をむいて切り刻み、アロエを洗い、皮をむいて切り刻んで後で使用します。

2.ポークリブを洗って切り、沸騰したお湯に入れ、湯通しし、後で使用するためにすすぐ。

3.鍋に適量の水を加え、生姜のスライスと用意した全ての材料を加え、強火で沸騰させた後、1.5時間弱火にします。

4.後はお好みで塩で味付けしてお楽しみください。

 


1.アロエは、体内の毒素、老化防止、美容効果があり、妊娠中に起こる色素沈着やストレッチマークなどの皮膚の問題を緩和することができます。

2.リンゴ酸塩は甘酸っぱく、栄養が豊富で、妊娠中にとると血糖値を安定させます。

(大紀元日本ウェブ編集部)

^