大紀元時報

【紀元曙光】2020年1月22日

2020年01月22日 03時00分

日本人の大好きな食べ物といえば、はて何だろうか。ラーメン、牛丼、寿司、とん汁、カレーライス等々。ではその中で一番、みんなで楽しく食べられるものは?
▼1月22日は「カレーライスの日」。これは全国学校栄養士協議会が創立20周年を記念して1982年に定めたもので、この日は、全国の学校給食にカレー料理が提供されるという。また同日は、1947年に戦後の学校給食が復活した記念日でもあるそうだ。
▼大鍋で煮込んだカレーライスを、皆で一緒に食べれば楽しいし、おいしいに違いない。どの家庭でもお母さんが作ってくれる料理なので、日本の子どもは誰もがカレー好きなのだろう。
▼海援隊の武田鉄矢さんが、23年前に「ライスカレー」という題名の歌をつくっている。「生まれた家は、座る場所さえ、12のときのそのまんま」。筆者もそうであるが、男の子は(女の子も同じか)いくつになっても母親のカレーライスに回帰する。子どもの頃、お腹が膨れて動けないほどの大盛りを平らげた、あの幸福感は忘れられない。
▼学校給食が校内で作られるにせよ、給食センターから配送されるにせよ、家庭と同じ「母ごころ」で作られていることは変わりないだろう。
▼38年前のその日、皆でカレーを食べる楽しい行事として企画された「全国統一献立日」であったが、実施は全国的にとはいかなかったらしい。「統一」という硬い表現に一部で反対意見が出たためと記憶している。議論はともかくとして、授業よりも給食の時間が大好きだった筆者は、しっかり食べてほしいと生徒の皆さんに願っている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^