大紀元時報

食費を今すぐ節約できる4つの買い物の方法【PR】

2020年01月27日 10時30分

節約をしようと決めた際に、まず「食費の節約」を考える人が多いかと思われます。食費を節約する効果的な方法として、外食の支出を抑えることはもちろんのことですが、毎日の食材品の買い物の仕方を見直し、節約につながる買い物方法を身に付けることも大切です。この記事では、食費を今すぐ節約できる4つの買い物方法について紹介します。

1.買い物前に家にある食材を確認し、ショッピングリストを作る

 

食費を節約するためには、買い物に出かける前の事前準備がとても重要です。この準備として、冷蔵庫の中や家にある食材を確認し、予定している献立をもとに何を買う必要があり、何を買う必要がないかを記入するショッピングリストを作成することをお勧めします。これにより、安売り商品の衝動買いや、家に同じものが沢山ある状況を妨げることができます。

2.まとめ買いをする

買い物に出かける回数が増えるほど、無駄な出費が増えがちです。コンビニやスーパーで買い物をする回数を最低限に減らすことによって、食費を節約することができます。1の事前準備の段階で、献立を考える際にどの食材を作り置き用に使用し、どれを冷凍保存するかなどをショッピングリストにメモ書きすることをおすすめします。

3.食品通販を利用する

スーパーで買い物をしている際に、買ったものの金額を大まかに計算していても予算オーバーだったという経験をされた方もいるかと思われます。ネット通販やイーコマースサイトからの食品通販を利用することの一番のメリットは、購入した合計金額を事前に確認でき、予算内に収めることができることです。食品通販では、大幅な割引を提供しているサイトや、スーパーに納品ができない「訳あり品(例、切り落とし肉や型崩れしたお菓子など)」を安価で販売しているサイト、傷ありや形が不揃いの野菜を無料で提供しているサイトなどもあるため、利用を検討する価値はありそうです。ただし、デメリットとして、送料がかかることや、食材の賞味期限を確認できないことなどがあるため、食品通販で買うものと、スーパーで買うものを決めておくことをおすすめします。

4.キャッシュレス決済を利用する

キャッシュレス決済は現金を使用しない決済方法です。例として、クレジットカードやプリペイドカード、スマートフォンなどの電子マネー決済があります。消費税の増税に伴い、キャッシュレス決済によるポイント還元事業が始まり、スーパーでの支払い金額に合わせてポイントが還元されるようになりました。キャッシュレス決済を利用することによって、現金で支払うよりもかなりお得になります。


まとめ

食費を今すぐ節約できる4つの買い物方法について紹介しました。毎日かかってしまう食費を節約したいとお考えの方の参考になると幸いです。

 

^