大紀元時報

中国の昔話:桑つみ女

2020年02月18日 02時18分
(sasint/Pixabay)
(sasint/Pixabay)

昔、斎(せい)という国に、一人の桑つみ女がいました。彼女の首には生まれつきの大きな瘤(こぶ)がありました。そのため、人々は彼女を宿瘤(しゅくりゅう)と呼んでいました。

ある時、宿瘤が桑をつんでいると、たまたま王様の一行が通りました。多くの人々が王様を一目見ようと走りましたが、宿瘤だけは脇目もふらず、桑をつみ続けていました。

不思議に思った王は宿瘤を呼び、その理由を問いました。

宿瘤は言いました。「父母より、桑を取れと言いつけられましたが、大王を拝せよとは言われていません」

王は甚だ感心して言いました。「汝は実に変わっている。えりに瘤があるのは誠に惜しいのだが」

宿瘤は、「人は心を第一とするので、瘤があっても何も嘆くに及びません」と言いました。

王は再び感心し、誠に賢い者とみなし、彼女を宮中に召すことにしました。

宮中の女たちは宿瘤が来ることを聞き、衣服を着飾って待ち受けました。一方、宿瘤は衣服が粗末で、えりに瘤があるため、非常に醜い外見でした。皆は口を押さえて笑いました。

王は皆の笑いを制し、やがて宿瘤を妃にしました。

その後、王は妃のいさめをよく聞き、宮中の浪費を減じ、それを持って下の者に恵みました。国はますます富み栄え、民はよく治まり、斎国は強国となりました。

参考:明治二十年尋常小学校読本

(大紀元日本ウェブ編集部)
 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^