大紀元時報

日本の昔話:骨惜しみをした馬

2020年02月24日 16時54分
(Pixabay)
(Pixabay)

ある人、市場より馬に塩を負わせて家に帰り、途中で一筋の川を渡りました。

馬はその川で石につまずき、誤って倒れ、塩が水に溶けてしまいました。身軽になった馬は、喜びました。

次の日、また塩を背負った馬が川を渡りました。前の日のことを思い出した馬は、わざと転んで塩を溶かし、身軽になって帰りました。

主人は馬の悪知恵を悟り、こらしめようと思いました。

尋常小学校読本より

その次の日、主人は市場で多くの草鞋(わらじ)を買い、馬に背負わせました。馬は、例のごとく荷を軽くしようと川で倒れました。しかし、今度の荷物は水に濡れると、かえって目方がふえ、数倍も重くなってしまいました。馬は汗を流して草鞋を運び、ようやく家に帰りました。

参考:明治二十年尋常小学校読本

(大紀元日本ウェブ編集部)
 

関連キーワード
^