大紀元時報

【紀元曙光】2020年3月27日

2020年03月27日 01時00分

えっ、志村さんも、と驚いた。感染経路は不明だが、その後の濃厚接触者については特定されており、それに該当する人は自宅待機しているとのこと。
▼タレントの志村けんさんが、中共ウイルスの感染による、重度の肺炎で入院しているという。有名人だからどうこうではないが、じわじわと広がるウイルスの存在を実感せざるを得ない。
▼とは言え、不安を大きくすることが小欄の意図ではないので、思い出話を先にさせていただこう。説明は不要と思うが、かつて土曜日の夜に、「8時だョ!」で始まるお化け番組があった。ザ・ドリフターズを中心とする、テレビの公開生番組である。
▼こんな冒険的な番組は、今では不可能だろう。いかりや長介さんをリーダーとするドリフの面々が、文字通り体を張ったコントをするのだが、その巨大な舞台装置といい、発想の奇抜さといい、毎週、度肝を抜かれた。
▼きわどい内容から「子どもに見せたくない番組」として、常に1位の栄誉に輝いていた。確かに、放送禁止の線を越えていた部分も(当時は今ほど問題視されなかったが)多々あった。ただ、「番組を作る、大人の努力の凄まじさ」を、テレビを通じて子ども達に教えたのは「教育的」だったのではないか。見ていた一人として、筆者もそう思う。
▼志村けんさんが、ドリフの正式メンバーに昇格したのが1974年。ゆたかな長髪の、元気な若手だった。その志村さんも、今は70歳のおじいさん。故・高倉健さんと共演した『鉄道員(ぽっぽや)』では名優だった。よく療養して、またテレビでお元気な姿を見せてください。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^