大紀元時報

【紀元曙光】2020年4月2日

2020年04月02日 00時15分

オーバーシュート。ロックダウン。初めて聞いた横文字言葉というものは、次に自分が人に向かってつかう時に、知ったかぶりからか、変な力みが入るものだ。
▼日本における漢語にも、昔の知識人がつかっていたので、ちょっとした気取りは入っていた。ただ、今の非常時における上述の言葉ほどではない。漢字で感染爆発、都市封鎖と書いてくれたほうが、日本人には飲み込みやすい。
▼緊急事態宣言がなされるか、否か。もはや地方レベルではなく、日本政府の判断によるものとなった。小欄の筆者は、一国民としての感想しかもたないし、特に安倍さんびいきでもないのだが、日本国に対する素朴な誇りと信頼感は有している。難しい局面にあって、ぎりぎりの綱渡りではあるが、安倍さん小池さんは、よくやられているのではないか。
▼比較にもならぬが、日本政府は、今の中国政府より、はるかにマシだという思いがある。なので、小欄が筆刀の先で突く相手は、やはり大元凶たる中国共産党と、それに追随する牛頭馬頭どもに限られる。
▼夏でもないのにヤブ蚊に刺されたような不快感をもつのは、中国では今、「日本は世界で一番危険だぞ」「東京にいると死ぬぞ」「安倍は本当の死者数を隠蔽しているぞ」などの偽情報が、中国人のSNS上に、大量に流されていることだ。
▼そんな悪魔のつぶやきが、中共に情報封鎖された環境のなかでは、一つのリアルな想像となってしまう。日本にいる中国人の間でも、その傾向はある。ウイルス的な偽情報は、人から人へ、恣意的な操作も含めて伝わっていく。いやなヤブ蚊である。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^