大紀元時報

【紀元曙光】2020年4月8日

2020年04月08日 05時54分

昨晩の安倍首相の発表により、緊急事態宣言のもとでの、私たちの「日常」が始まった。
▼なすべきことは、その前日までと変わらない。当たり前のことを確実にやる。言い換えれば、自分と周囲の人、そして社会を守るために、一層の注意を払いながら健康的な日常を送る、ということだろう。
▼つくづく思うが「普通」とは、なんと有難いことか。人々がともに働き、ともに学び、ともに楽しむ。そうして街に活気が生まれ、経済が回り、多幸感ゆたかな社会になる。それが本来あるべき普通の姿なのだが、今は、やむを得ないにせよ、それが制限されている。人と人が近づく「3密」は危険だという。辛いが、がまんが肝心だ。
▼志村けんさんは、小さな容器に入らなければ、ご家族のもとへ帰れなかった。その悔しさを、私たちも忘れまい。このウイルスが、健康な人体のみならず、社会全体を侵食する許しがたい悪魔であることを改めて思う。安倍首相も「ウイルスとの戦い」と明言したように、これは日本国民が、凶悪な中共ウイルスに対して、完全勝利すべき大戦なのである。
▼安倍首相の発表後、海外メディアの反応に「強制力がないので、効果は疑問だ」というのがあった。確かに、海外の事例にあるような都市封鎖などはしない。まして中国のように、市民を棒で殴りつける暴漢のごとき警察が、日本の路上に出てくるわけがない。
▼海外メディアがそれほど疑問ならば、安倍さんに代って小欄がお答えしよう。日本人は、強制力がなくても、できるのだ。それを通常「民度の高さ」と言っている。日本には、これがある。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^