大紀元時報

【紀元曙光】2020年4月22日

2020年04月22日 05時37分

「上を向いて歩こう、涙がこぼれないように」。日本人が、ある特殊な情況のもとで、この歌をうたうのは、おそらく3回目だろう。
▼1度目は平成7年(1995)阪神淡路大震災のとき。2度目は平成23年(2011)東日本大震災のとき。この二つを書いて、本稿の進みがしばらく止まった。
▼筆者自身が被災したわけではない。それでも、その時の情景が閃光のように思い浮かぶ。大切な人を失った悲しみと、それでも今日を生きねばならない現実の厳しさを突きつけられた日本人の動揺が、筆者のなかにも、共感の記憶として甦ってくるのだ。
▼この歌をうたった坂本九さんが亡くなったのは、昭和60年(1985)8月12日の夕暮れ時だった。日航ジャンボ機墜落事故という大惨事の、520名という途方もない犠牲者のなかに九ちゃんも入っていた。日本中が哀悼の念に包まれ、本当に夜空の星になってしまった人々を捜して、多くの人が上を向いて涙を流した。
▼令和2年の今、地震や津波ではないが、ある意味でもっと凶悪な、人類に大禍をもたらすウイルスが世界を覆っている。中共ウイルスという悪名からして、さもあろうと思う。なにしろ、人の体だけでなく、正常な社会をずたずたに引き裂くのだ。
▼「見上げてごらん夜の星を」「明日があるさ」「幸せなら手をたたこう」「涙くんさよなら」「上を向いて歩こう」。坂本九さんの残してくれた歌が、こんなにある。今は、人と人が親しく近寄ることができない。ならば「泣きながら歩く、一人ぼっちの夜」であっても、心だけは寄せ合って、一緒に歌おう。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^