大紀元時報

【紀元曙光】2020年5月3日

2020年05月03日 06時20分

例年ならば、誰もがゴールデンウィークを満喫しているだろう。今年は日本全国どこも自粛。まるで別の国になってしまったようだ。
▼「家にいなさい。仕事は自宅でしなさい」と行政は言う。映画館も、寄席も、劇場も、コンサートホールも、ライブハウスも、人が密集する場所はダメ。旅行者がいないので、観光関係は全面休業せざるを得ない。
▼飲食店は、部分的に営業できたとしても、外出自粛により客が激減してしまった。複数での会食による感染例も伝えられたため、十分に消毒しても、店を開ければ世間に責められてしまう。「俺が何をしたって言うんだ」。ご店主の悔しさは、察するに余りある。
▼医療崩壊させてはいけない。その一点のために、涙を飲んで苦難に耐えている。ごく一部だが、朝からパチンコを打つ人がいる。パチンコ依存症の人がウイルスに感染しても、日本は良い国なので見捨てはしないだろう。ただ、その身勝手さが医療現場に多大な負担をかけることと、そのパチンコ店が超級の感染源になる危険性を、なぜ想像できないかと思う。
▼小欄に書くささやかな文章は、筆者から読者諸氏への手紙だと思っている。お役に立つかどうかは分からないが、読んでいただければ誠に嬉しい。筆者は、読者とそのご家族が「中共ウイルスに、絶対に感染しない」の一念を込めて、毎回の650文字をつづっている。
▼それでも、岩のように重い現実がある。職を失い、収入を絶たれ、返済を迫られて途方に暮れる人があふれる、我が日本。行政がまだ言わないことを、迷いながら書く。「死なないでください」。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^