大紀元時報

【紀元曙光】2020年5月10日

2020年05月10日 04時17分

今日は大相撲夏場所の初日、のはずだった。
▼相撲ばかりではない。プロ野球も、サッカーも、学生のスポーツも、全ての競技が凍りついている。春のセンバツは涙を飲んで中止。夏の高校野球がどうなるか。大会実施の可否は検討中らしいが、地方予選はおろか、まだ多くが休校しているのだ。
▼青春をかけて猛練習に打ち込んできた選手にとって、その悔しさは耐え難いものだろう。ただ時間はかかっても構わないが、そうなった現実から得られる人生の意味を、若い皆さんに考えてほしい気もしている。
▼昨日放送のNHKドキュメンタリー『振り向かずに前へ 池江璃花子19歳』は良かった。まだ白血病の療養中ながら、久しぶりにプールに入って嬉しそうな池江さんの様子に、テレビを見ていた人たちも嬉しかったのではないか。
▼昨年2月の突然の病気発覚ばかりか、まさか今年、東京オリンピックそのものが延期になるとは、彼女自身、想像もつかなかっただろう。死にたいほど苦しい治療の一時期もあったというが、今は若竹のような、しなやかな強さで全てを受け止めて、まさに振り向かずに前へ、一歩ずつ進もうとしている。
▼そんな若きアスリートに、頑張れだの、期待してるよだのと、気安い言葉はかけるまい。語弊を恐れずに言うならば、日本中がウイルス禍からの再起を図っている今だからこそ、普通の人もアスリートに近い感覚で、自分に向けての「頑張れ」が言える。嘘だと思う必要はない。相撲の熱戦を思い出して、自分の体に「力士のような怪力が湧く」と錯覚することは、存外、無意味ではないのだ。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^