大紀元時報

【紀元曙光】2020年5月17日

2020年05月17日 04時58分

人類は、人口の何分の一かを激減させる病禍の歴史を、何度か経験している。
▼この度の中共ウイルス。日本政府も、各自治体も、初めて経験する国難のなかで、よくやっていると言ってよい。もちろん日本国民も(一部の身勝手な人を除いてだが)罰則なくして、よくぞ社会秩序を保ってきた。そのことを私たちは、まず誇りとしよう。
▼ただし、心得ておきたい。専門家チームをもつ日本政府にも、今後、予測不可能なことが必ず起こる。どの都道府県の知事にも、対応困難な事態が起こり得るのである。私たちは、社会に混乱をもたらさないため、努めて冷静かつ協力的であるべきだが、政府が常に「正解」をもっているわけではないことも頭の隅に留めておこう。
▼科学的知見とは、その時代の認識に限定される。もちろん、スペイン風邪が猛威を振るった百年前に比べれば、現代の医療は「飛躍的に進歩した」と言ってよい。しかし一方において、手を伸ばしても星に届かないように、相対化そのものができない絶対的な隔たりというものもある。それは例えば、人間と、宇宙の神々との距離のようなものだ。
▼中国語では「瘟神」と書く。日本語に訳せば疫病神(やくびょうがみ)だが、そう言うと、かなり語感が軽くなってしまう。瘟神は、一たび怒れば人類を全滅させる病禍をもたらす、宇宙の中でも恐るべき邪神なのだ。
▼読者諸氏との信頼関係のもとに、本日の稿を結ぶ。中共ウイルスの病禍は、ますます世界で猖獗を極めるものとなる。邪神が地獄の魔海へ沈めんとしている中共から、鉄鎖を断ち切り、速やかに離れよ。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^