大紀元時報

【紀元曙光】2020年5月22日

2020年05月22日 01時39分

宇宙の神にも、いろいろあるらしい。
▼キリスト教のような唯一神の思想は、ひとまず措く。広大な宇宙には数多の神々が存在するが、なかには悪い神もいる。中国語で「邪霊」という。その邪霊に操られて地球上に現れ、中国人のみならず、全人類に悲惨な事態をもたらしたのが中国共産党である。
▼邪霊の出先機関である中共にとって、正常な人を狂わせ、悪事に加担させるのは造作もない。ひとたび共犯者に仕立てると、それを離さず(WHOのテ氏のごとく)とことん利用する。繰り返すが、中共は、その残虐性はすさまじいが、地獄の階層で言えば下っ端。牛頭馬頭どもなのだ。
▼昨晩、NHK番組『日本人のおなまえっ!』を見た。テーマは「感染症の呼び方」。出演者のコメントの一部に「(大意)米中で喧嘩している場合ではない。世界中が協力すべきだ」というのがあった。同類の主張は、他の民放番組でも散見される。小欄の筆者は、正直、頭を抱えてしまう。
▼大紀元は「中共ウイルス」「中共肺炎」と呼んでいる。もちろん、病名に起因するヘイト的行為は、絶対にあってはならない。その意味で、病名をつける際に配慮すべきなのは、一般論として正しい。しかし今回の場合は、その譴責されるべき元凶を、絶対にぼかしてはならないのである。
▼「世界中が協力すべき」も要注意。中共の思う壺にはまる。救世主ぶりを誇示する偽善外交には、「ごまかすな」と一喝するのが適切な対応である。中共は、世界の国々が自国のウイルスしか見なくなって、その発生国を忘れることを狙っている。逃がしてはならない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^