大紀元時報

【紀元曙光】2020年5月23日

2020年05月23日 03時52分

2日ほど前のこと。拙宅に厚生労働省から「布マスク2枚」が届いた。
▼失笑してはならぬ、と自分に言い聞かせる。有難く使わせてもらうが、「それにしても」と小さな嘆息を禁じ得ない。日本にマスク狂騒曲が鳴り渡ったのは2月頃だったか。はじめは中国人観光客による爆買い、というより人を押しのけての「暴力買い」であった。
▼中国武漢で感染が爆発したから、という家族への心配もあったろう。ただ、なかには転売目的の中国人もいた。買う人間の血走った目をみると、それが分かる。仄聞するところでは、「日本のマスク市場を、買い占めで干上がらせよ」という闇の指示があったというが確認は取れない。ありそうなこと、とは思うが。
▼その直後。日本人が買おうとした時に、マスクは全くない。テレビ各局も、「お年寄りの女性が30軒ちかくの薬局を回っても買えない」などのニュースを連日流したため、余計に社会不安をあおってしまった。早朝、開店前からマスク買いに並ぶ高齢者。「それが3密になっている。日本政府、至急なんとかしろ」の大合唱になった。
▼小欄の筆者は、アベノマスクと揶揄する気にはならない。たかがマスクで、小規模ながらパニックを起こした国民の側も、幾分の反省すべき点があろう。甲府市の女子中学生が、優しさあふれる手作りマスクを寄贈したニュースに、どれほど救われたことか。買わなくても、マスクは作れるのだ。
▼かく言う筆者も、ハンドタオルを折って作ってみた。不格好だが使える。医療現場のマスクこそ最優先。私たちの「新しい日常」は始まったばかりだ。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^