大紀元時報

【紀元曙光】2020年7月20日

2020年07月24日 13時34分

(前稿より続く)中共ウイルスについて、閻麗夢さんは「人類がこれまで経験したどのウイルスよりも、はるかに恐ろしい」と語った。
▼「これは政治ではない。人類が生き残れるかどうかが、かかっているのです」。言うまでもないが、閻麗夢さんは、自分が助かるために中国から逃げ出したのではない。たとえ命の危険があっても真実を伝えなければならない。その使命感に燃えて脱出を決行した勇者であり、中共にしてみれば、暗殺してでも口封じしたいキーパーソンなのだ。
▼多くの中国人は、中共の洗脳教育によって狂わされ、拝金主義に染められてしまったが、ごく少数ながら「良心の中国人」はいるのである。李文亮医師も、そうだった。中国人というのは、小欄の筆者にしても、迷惑で騒々しい集団にしか見えない場合もあるが、「良い人もいる」という当たり前のことは信じていたい。
▼ただ、伏魔殿のような共産党中国にいては、良心の人は生きられない。良心を捨てて共犯者になるか、発狂するか、抹殺されるか。通常ならば、その三つのどれかになる。
▼ところが、良心を堅持したまま生き抜くという、艱難辛苦の道を選ぶ人々がいる。法輪大法(ファルンダーファ)を信仰し、その教えを実践する人たちである。宗教の形式をとらないので信者とは言わず、修煉者または学習者という。
▼その法輪功学習者が、以前は中国国内に1億人近くいた。今でも、その身が危険にさらされる場合もあるが、確実にいる。その善良なる人々に対して、江沢民は、超法規的な弾圧を発動した。1999年7月20日、つまり21年前の今日である。(次稿に続く)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^