大紀元時報

【紀元曙光】2020年7月27日

2020年07月28日 10時34分

(前稿より続く)形骸化したイデオロギーではあるが、天安門に毛沢東の肖像画がかかっている限り、その邪霊は、人心を狂わす妖気を中国全土に放ち続ける。
▼中国人よ。正気を取り戻してほしい。ただし、そのために一つだけ、今すぐにやらなければならないことがある。あなたは、中共の洗脳の鉄鎖を断ち切り、ただちに中共から離脱するのだ。九文字の「真言」を心から唱えよ。さもなくば、あなたの命は中共とともに消滅してしまう。中国共産党は、まもなく暗黒の地獄へ落ちる。もう時間はないのだ。
▼不正蓄財した高級幹部が、たとえ海外へ逃亡しても、この最後の審判から逃げられはしない。全ては因果応報。罪ある者には、必ず天罰が下る。
▼その中共の指導者たちは、一体、どこへ行ったのだろう。未曾有の水害が各所で発生し、その実数が分からぬほど膨大な数の被災者が生じているというのに、誰一人として、被災地に赴き、たとえ政治上のポーズでも陣頭指揮をとる人間がいないのだ。全く顔が見えないのは、異常なことと言わねばならない。
▼ウイルス感染を恐れてのことだけではあるまい。例えば、2008年5月の四川大地震のときには、当時の温家宝首相が被災地へ飛んでいき、救助隊と被災者を励ます「美談」を演じた。今回は誰も行かない。もっとも、2月あたりの武漢肺炎の頃から、習近平氏の影は薄かった。画像に映る表情に、全く生気がないのである。
▼中国共産党の上層部は今、確実に空洞化している。誰も本気で、この体制を守るために自ら骨折りしようとはしない。なにしろ自分の身さえ、危険なのだから。(次稿に続く)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^