大紀元時報

【紀元曙光】2020年7月28日

2020年07月28日 10時35分

(前稿より続く)中国共産党の内部で異変が起きている。そう理解して良い。
▼自国内で対応不可能な事態が同時多発しているため、上層部は責任追及を恐れて誰も手出ししようとしない。その動揺が地方組織にも伝わり、すでに集団での離職現象などが起きている。機能不全による体制崩壊は、確実に近づいていると言えるだろう。
▼中国政府が、四川省成都の米領事館を閉鎖させたのは、対面を保つ虚勢に過ぎない。米国にすれば、痛くもかゆくもない予想通りの反応であり、「乗ってきたな」である。成都の米領事館といえば、2012年2月6日に、重慶市の党トップだった薄熙来(はくきらい)の部下で、重慶市公安局の局長だった王立軍が、機密情報を持って駆け込んだ事件があった。情報は米側に渡り、王立軍は亡命を認められず館外に出された。
▼三峡ダムが崩壊するか否かは、現時点ではまだ可能性の話だが、すでに中共には十分に動揺を与えている。「これが壊れたら、終わりだ」。どんな愚者でもそれくらいは分かるし、それ以前に、どうやって海外へ逃亡するかを思案しているに違いない。
▼前稿で、九文字の「真言」というのを書いた。法輪大法好、真善忍好。これを中国語の発音で唱える。まじないではない。まだ救える可能性のある人ならば、この九文字を唱える「こころ」を見た天上の神が、劫難の中にあるその人に未来を与えるだろう。
▼天下の大変を前にして、醜悪なふるまいを見せるもの。澄んだ「こころ」を取り戻せるもの。人間の生死を分ける鍵は、まさにそこにある。中国の各所で、今後それが明確となるはずだ。(3回了)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^