大紀元時報

【紀元曙光】2020年9月14日

2020年09月16日 19時19分

新しい自民党総裁が、菅義偉さんに決まった。
▼小欄が日本政府に望むのは、ただ一つ。「中国共産党に毅然として対峙すること」である。中共に親密である、経済面の思惑から中共に妥協的である、中共の暴虐にまったく無知である、そんな政治家は日本を亡ぼすものに他ならない。
▼端的に言えば、我が日本は、「中国共産党に最も嫌われる国になってよい」ということだ。中共の解体消滅が視野に入っている政治家ならば、その意味がお分かりであろう。
▼菅さんは、お見受けしたところ、スピーチはあまりお上手ではないらしい。小欄の筆者も日本語でものを書くので、政治家の言葉遣いや日本語の表現力には関心がある。菅さんの言葉は、ちょっと聞く側には入りにくい。もちろん口先だけ達者な政治家では困るので、無理にスタイルを変えなくてもいい。平時は「昼行燈」と呼ばれた大石内蔵助のように、きちんと結果を出せることを期待したい。
▼もう一つだけ、菅さんに申し上げよう。今日の朝日新聞デジタル版で、こんな記事を見た。「新型コロナウイルス関連の倒産が11日で474件に達した。様々な給付金や資金繰り支援策で落ち着きつつあるが、支援が切れると再び増えそうだ。コロナ関連以外も含めた全倒産件数は今年、6年ぶりに9千件を突破する恐れがある」。
▼「コロナ関連の倒産が、9月11日までで474件」。とんでもない。法人としての企業はその数かもしれないが、涙を飲んで閉店や廃業を決めた個人事業者は、数字は知らないが膨大な数に上るはずだ。叩き上げの菅さん、忘れないでください。  

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^