大紀元時報

【紀元曙光】2020年10月18日

2020年10月30日 10時39分

他社メディアの報道だが、どうしても気になるので申しておく。
▼沖縄県の尖閣諸島をめぐる問題について、16日夜のBSプライムニュースに出演した中国の孔鉉祐(こうげんゆう)駐日大使は、「しっかりとした危機管理。これ以上エスカレートしないよう、それぞれ(日中双方)がやるべきことをちゃんとやるべきだ」と述べた。
▼日本語がお上手なのは、まことに結構である。だが、この孔大使の言葉には、対日交渉の場面で中国側(つまりは中共)が長年つかってきた「妖し(あやし)」のテクニックが顕著に見られる。日本のテレビ視聴者は、ご注意いただきたい。
▼当然ながら、現職の中国大使が日本の報道番組に生出演するにあたっては、準備の段階で、反町キャスターが投げる質問などが事前通告されているであろう。そうでなければ中国大使は出演しない。その証拠に、孔大使の口から出た先述の日本語は、いかにも「用意してきました」という響きの回答である。
▼東シナ海の尖閣をめぐる日本の領土領海について、そもそも問題でないものを「問題化」させているのは中国側である。それを孔大使は「これ以上エスカレートしないよう」と責任の所在をごまかし、「日中双方で努力を」とすりかえてくる。おいおい、ちょっと待て。
▼かつての中共の常套句は、「中日で共同開発して、ウィンウィンの関係になりましょう」だった。昔それにコロっと騙された日本の首相がいて「日中の友愛の海にする」などと妄言をはいたが、その人はどこかへ消えた。2020年の今、中共の釣針のエサに、よもや引っかかるまい。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^