大紀元時報

【紀元曙光】2020年10月30日

2020年11月03日 06時02分

韓国の大統領は、何やら大変らしい。辞めた数年後には逮捕・起訴され、被告席に座らねばならないのだ。
▼韓国第17代大統領でありながら2018年3月に逮捕。同4月に起訴された李明博被告。上告審で韓国の最高裁である大法院が第二審を支持し、2020年10月29日、懲役17年の実刑判決が確定した。主な罪状は横領・収賄。要するに、よくある汚職である。
▼日本人には不思議でならない「恒例行事」だ。コリア・レポート編集長でジャーナリストの辺真一氏が2018年3月に書いた「韓国の歴代大統領はなぜ哀れな末路を辿るのか?」を読むと、実によく分かる。
▼辺氏は言う。「韓国の大統領史はまさに前任者が後任に裁かれるという歴史でもある。後任者が支持率を上げるために、あるいは自らのクリーンさをアピールするために前任者をダーティなイメージとして血祭りにあげる。換言すれば、前職大統領は後任大統領のスケープゴートになっていると言っても過言ではない」。その上で辺氏は「問題はこの伝統、慣習を韓国国民が寛容していることだ」としている。
▼司馬遼太郎さんが「東洋的腐敗」と『街道をゆく』に書いていた。東アジアの儒教文化圏に普遍的に見られる現象で、タテマエの儒教倫理の裏側には「汚職をするのが当然」という構造が常に存在する。韓国のみならず、台湾にももちろんある。
▼日本にもあるが、不正の金額は微々たるものだという。評論家の石平氏が、どこかの動画で笑いながら言っていた。「田中角栄さんの収賄が、たった5億。ははは、中国の汚職は兆の単位ですよ」。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^