大紀元時報

【紀元曙光】2020年11月12日

2020年11月11日 23時44分

日本よ、血迷うたか。道を誤ってどこへ行く。
▼12日、菅首相が、まだ決まってもいない人物を「米国次期大統領」と勘違いして、電話会談をするという。菅義偉さん、聞いてほしい。政府のどなたか、大紀元の記事を目にしたら、早急に総理の耳に入れていただきたい。「それをしたら、日本は破滅する」と。
▼11日の産経ニュースが伝えた。菅義偉首相が米大統領選で当選が確実となったバイデン前副大統領と12日に電話会談する方向で調整していることが11日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。日米両国の連携を強化する方針を確認するとともに、北朝鮮による拉致問題の解決に向けた米側の協力を求める。(引用以上)
▼日米間で話し合うべき課題が山積していることは、分かる。北朝鮮による拉致問題の解決も、横田滋さんが愛娘に会えずして亡くなったご無念を思えば、一刻の猶予もならないことは当然である。だからこそ菅さん、あなたが会談すべき相手は、一にも二にも、トランプ大統領ではないか。
▼地方議員から始まり、ご苦労を重ねて一国のリーダーにまでなったあなたが、暗愚な宰相であるとは思いたくない。しかし、首相に就任したばかりのあなたは今、間違いなく歴史に汚点を残すばかりか、日本をとんでもない国難に陥れようとしているのだ。
▼日本がどうなるか、具体例を言おう。今、医療関係者による懸命の努力によって、かろうじて一日数百に抑えられている日本の「中共ウイルス」の感染者数が、千万憶まで大爆発を起こす。それが起きる危険性が、本当にあるのですよ。菅さん。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^