11月19日、ワシントンの共和党全国委員会本部で行われた記者会見で、トランプ氏の顧問弁護士で元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏(左)の隣で、メディアに語るシドニー・パウエル弁護士(Charlotte Cuthbertson/The Epoch Times)

パウエル弁護士「引き続き選挙詐欺を暴く」と主張 ジョージア州を最初に

パウエル/index.html' target='_blank'>シドニー・パウエル弁護士は、自分がトランプ陣営の弁護団の一員ではないことを認め、アメリカ国民のために広範囲に及ぶ選挙詐欺を暴く戦いを続けると述べた。パウエル氏は2020年の大統領選で、集計ソフトが票を入れ替え、民主党のジョー・バイデン氏が有利になるよう不正操作したと主張したことで注目を浴びている。

ドナルド・トランプ大統領の弁護団は声明を発表し、パウエル氏が訴訟を個人的に進めていることを明らかにした後、パウエル氏は同声明に応じた。

ジュリアーニ氏とトランプ陣営の上級法律顧問のジェナ・エリス氏は声明で、「パウエル/index.html' target='_blank'>シドニー・パウエル氏は個人で法律の仕事を行っている。彼女はトランプ弁護団のメンバーではない。彼女は大統領個人の弁護士でもない」と述べた。

パウエル氏は声明の中で、自分はトランプ陣営の弁護団の一員ではないというトランプ弁護団の発表に同意すると述べ、弁護契約に署名したこともなければ、トランプ陣営に費用を請求したこともないと述べた。

​「私の意図は常に、民主党と共和党のどちらが勝利するかに関わらず、見つけられるすべての不正を暴くことだ」と同氏は述べた。

​「私がまとめ上げている証拠は圧倒的に多く、この集計ソフトが何百万という票をトランプ大統領や他の共和党候補からバイデン氏や他の民主党候補に移したことを示している」と同氏は付け加えた。「私たちは訴訟の準備を進めており、今週中に提出する予定だ。壮大なものになるだろう」

また​CBSに対する別の声明で、パウエル氏は「私は、ドミニオンとスマートマティックを用いた大規模な詐欺によって、トランプ氏や他の共和党候補に投じた票を奪われた#WeThePeopleを代表し続ける。私たちはまもなく訴訟を提出する」と述べた。​同氏は、自分が受け取った選挙詐欺の証拠は膨大であり、最終的にそれを公開することを「クラーケンを解き放つ(releasing the Kraken)」ことに例え、ハッシュタグ「#KrakenOnSteroids」を付けた。

11月19日、ワシントンの共和党全国委員会本部で行われた記者会見で、パウエル/index.html' target='_blank'>シドニー・パウエル弁護士(左)とトランプ弁護団のメンバーに囲まれてメディアに語る、ルディ・ジュリアーニ氏(Charlotte Cuthbertson/The Epoch Times)

パウエル氏は11月21日、近く起こす訴訟は「叙事詩的」な規模になると述べ、さらに一部の選挙管理担当者が、集計ソフトメーカーのドミニオン社との間で収賄の疑惑があると主張した。

パウエル氏はニュースマックスに対して、​「膨大な量の証拠がある。あまりにも多くて、すべてをまとめるのが困難なくらいだ」と語った。

​「できれば今週中に訴訟提出の準備を終わらせる。叙事詩的なものになるだろう」と同氏は述べた。「この不正行為の申し立てと、私が提出したい証拠を組み合わせるのは、巨大規模なプロジェクトだ」

パウエル氏は、集計ソフトのアルゴリズムが民主党に3万5000票の追加投票をもたらしたと述べた。​同氏は、バイデン氏が獲得した票には1.25が掛けられ、トランプ氏の票には0.75が掛けられたと話した。

元連邦検事だったパウエル氏はまた、いくつかの投票機が、法的な締め切りを過ぎた後に改造されたと主張した。

パウエル氏はまた、一部の州知事が、ドミニオン投票システムを導入する見返りとして賄賂をもらっていた可能性があるとジョージア州のブライアン・ケンプ知事(共和党)の収賄疑惑に言及し、ジョージア州で最初の訴訟を起こす考えを示した。

​ケンプ知事の事務所にコメントを求めたが、回答は得られなかった。ジョージア州のブラッド・ラッフェンスパーガー州務長官は、同州に選挙詐欺不正行為はないと何度も述べている。

ドミニオン社は大紀元に対する最近のいくつかの声明の中で、選挙改ざんと選挙詐欺の疑惑を全面的に否定している。同社は、トランプ陣営が最近の記者会見やインタビューで「ドミニオン社に関する虚偽の情報」を宣伝したと述べた。

トランプ氏は敗北を認めていない。大紀元はすべての結果が認証され、訴訟が解決されるまで、2020年の大統領選挙の勝者の発表を控える。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事
世界的なコンテナ不足などでコンテナ運賃が高止まりし、各国の輸送コストを押し上げている。特に中国—米国間の上昇が顕著である。8月以降、中国から米国へのコンテナ運賃は中共ウイルス(新型コロナ)発生前の10倍に急騰し、過去最高を記録した。
豪州のジャーナリスト、シャリ・マークソン(Sharri Markson)氏が1年間かけて中共ウイルス(新型ウイルス)感染症の起源を追ったドキュメンタリー『武漢で一体何が起こったか?』が先日公開された。
スペインの小さな島の火山が最近噴火し、島の何百もの家が破壊されましたが、1軒だけ無傷の家がありました。 この家は、「奇跡の家」と呼ばれ、注目を集めています。
米ネブラスカ州のダグ・ピーターソン司法長官は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の治療薬としてのヒドロキシクロロキンやイベルメクチンを条件付きで認める方針を示した。長官は14日、これらの薬剤を適応外処方する医師に対し、イ
中国各地で電力不足が深刻化する中、東北地方の市民がロウソクを買いだめする現象がすでに起きている。
防衛省は23日、中国とロシアの海軍駆逐艦など計10隻が、鹿児島県・佐多岬と種子島間の大隅海峡を22日に通り、東シナ海に向かったと発表した。中露艦艇が同海峡を通過するのは初とのこと。前例のない行動が立て続けに起こるなか、専
京都大学は28日、大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)元教授の熊本地震に関する単著論文について、複数の捏造や改ざんがあったと発表した。京大は同日、林氏に対して懲戒解雇相当とする処分を行った。
中国広東省などの地方政府は電力不足の対策として、電力使用制限や生産工場の一時操業停止などの措置を講じている。
米軍は、東京から南に2500キロ離れた米領グアムに防空迎撃システム「アイアンドーム」を配備する。7日、ハワイ本拠地の第94軍航空・ミサイル防衛司令部(AAMDC)が発表した。インド太平洋地域で影響力を膨張させる中国共産党