米トランプ陣営の上級法務顧問ジェナ・エリス(Jenna Ellis)氏は11月25日、ペンシルベニア州での記者会見でマイクに携帯電話を向けて、トランプ大統領からの電話音声を伝えている(Samuel Corum/Getty Images)

トランプ陣営の女性弁護士に深夜の脅迫電話 罵詈雑言も

トランプ大統領陣営の上級法務顧問のジェナ・エリス(Jenna Ellis)氏はメディアの取材に対して、最近多くの脅迫電話や脅迫メッセージを受けており、なかには身の安全を脅かすものまであると語った。

エリス氏は11月24日、米メディア「ブライトバート・ニュース(Breitbart News)」の独占インタビューで、「自分は何百何千もの脅迫的なダイレクトメッセージなどを受け取った」と述べた。 なかには、彼女の弁護士資格を剥奪するために、弁護士会に苦情を申し立てる活動をするなどの内容もあったという。

エリス氏によれば、こうした弁護士資格の失効を言う者のなかにCNN記者からのメールも含まれる。深夜に数時間にわたり、見知らぬ番号から何十回も着信のある日があるという。

エリス氏は挑発的なメールがあると紹介した内容には、「このメス犬、お前のせいで人間性が蔑ろにされているんだ。お前はレイプされて当然」との罵詈雑言があった。

トランプ陣営の他の弁護士たちも嫌がらせを受けている。嫌がらせ行為は、反トランプ共和党グループ「リンカーン・プロジェクト(Lincoln Project)」から始まった。トランプ大統領のために訴訟を試みる弁護士たちに放棄するよう集団で圧力をかけた。

報道によると、この嫌がらせによりPorter Wright Morris & Arthur弁護士事務所は撤退を余儀なくされた。同事務所は、これらの圧力が内部紛争につながり、そのせいで少なくとも弁護士1人が辞任したという。

しかし、主流メディアはこれら嫌がらせ行為を擁護している。 例えば、米紙ワシントン・ポスト11月12日付は「そうだ、トランプの法律事務所を狙うのはフェアゲームだ(Yes, going after Trump’s law firms is fair game)」と題する記事を掲載した。その翌日、トランプ氏のペンシルベニア州の弁護士が脅迫により辞退を余儀なくされた。

これまでのところ、バイデン氏はトランプ氏の弁護団が脅迫を受けていることについて一切コメントしていない。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事
世界的なコンテナ不足などでコンテナ運賃が高止まりし、各国の輸送コストを押し上げている。特に中国—米国間の上昇が顕著である。8月以降、中国から米国へのコンテナ運賃は中共ウイルス(新型コロナ)発生前の10倍に急騰し、過去最高を記録した。
豪州のジャーナリスト、シャリ・マークソン(Sharri Markson)氏が1年間かけて中共ウイルス(新型ウイルス)感染症の起源を追ったドキュメンタリー『武漢で一体何が起こったか?』が先日公開された。
スペインの小さな島の火山が最近噴火し、島の何百もの家が破壊されましたが、1軒だけ無傷の家がありました。 この家は、「奇跡の家」と呼ばれ、注目を集めています。
米ネブラスカ州のダグ・ピーターソン司法長官は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の治療薬としてのヒドロキシクロロキンやイベルメクチンを条件付きで認める方針を示した。長官は14日、これらの薬剤を適応外処方する医師に対し、イ
中国各地で電力不足が深刻化する中、東北地方の市民がロウソクを買いだめする現象がすでに起きている。
防衛省は23日、中国とロシアの海軍駆逐艦など計10隻が、鹿児島県・佐多岬と種子島間の大隅海峡を22日に通り、東シナ海に向かったと発表した。中露艦艇が同海峡を通過するのは初とのこと。前例のない行動が立て続けに起こるなか、専
京都大学は28日、大学院理学研究科の林愛明(りん・あいめい)元教授の熊本地震に関する単著論文について、複数の捏造や改ざんがあったと発表した。京大は同日、林氏に対して懲戒解雇相当とする処分を行った。
中国広東省などの地方政府は電力不足の対策として、電力使用制限や生産工場の一時操業停止などの措置を講じている。
米軍は、東京から南に2500キロ離れた米領グアムに防空迎撃システム「アイアンドーム」を配備する。7日、ハワイ本拠地の第94軍航空・ミサイル防衛司令部(AAMDC)が発表した。インド太平洋地域で影響力を膨張させる中国共産党