大紀元時報
名画の裏側

一見、美しい絵に残酷なストーリーが隠されていた。

2021年6月24日 19時20分
ローレンスアルマタデマ、(Lawrence Alma-Tadema)、「ヘリオガバルスの薔薇」1888年、132x214cm、コレクションプリヴェ、メキシコ。 (パブリックドメイン)
ローレンスアルマタデマ、(Lawrence Alma-Tadema)、「ヘリオガバルスの薔薇」1888年、132x214cm、コレクションプリヴェ、メキシコ。 (パブリックドメイン)

豪華な古代の宮殿で、夢のような宴会が行われています。雪の吹きだまりのようなバラの花びらが散りばめられ、その中で若い男女が寝そべってはしゃいでいます。若きローマ皇帝ヘリオガバルスは金色のローブを着て、宮殿の長いソファにうつ伏せになり、下の客たちが贅沢な喜びに浸っているのをゆったりと無関心に眺めています。空から花びらが降り続き、若い男女が花の色、香り、柔らかな感触に包まれて、完全に自分自身のことをすっかり忘れてしまいました 。

しかし、このシーンは本当にロマンチックで面白いのでしょうか?

この物語(真正性を検証する必要がありますが)は『アウグストゥス史』に基づいており、匿名の著者は皇帝は花びらを大量に落下させ、多くの人が埋もれてしまい、窒息死し、残酷な皇帝はそれを喜んでいたのです。次のように記述しています。

ヘリオガバルスは、西暦218年から222年まで在位したローマ帝国のセウェラン朝の皇帝であります。 彼は、ローマ帝国建国以来、東側(シリア)で生まれた最初の皇帝です。 カラカラが暗殺された後、東軍はセヴェラン王家の血を引く青年を王位に就かせ、218年にマクリヌスに勝利した後、ヘリオガバルスはローマ帝国の皇帝となりました。 統治に興味のない人気者の従兄弟アレクサンダーに嫉妬し、やがて臣下の不満を募らせ、222年に暗殺されました。

金色のローブにまとったローマ皇帝ヘリオガバルスが、「抹殺」されようとしている客を淡々と見つめる「ヘリオガバルス薔薇/index.html' target='newpage'>ヘリオガバルス薔薇」の一部。 (Public Domain)

 

ローレンス・アルマ・タデマヘリオガバルス薔薇/index.html' target='newpage'>ヘリオガバルス薔薇」は、危険が迫っていることに気づかず、美と喜びに魅了されている男女の姿を描いています。 (Public Domain)



この画面の視覚的な美しさは、その残忍で病的な意味合いとは非常に対照的です。 19世紀後半のアカデミックな芸術家の作品は、美しかったですが、多くの場合、退廃や悲観の痕跡が残りました。このイギリス人画家、ローレンス・アーマグ・タデマも例外ではありませんでした。 タデマは、古代の光景をリアルに再現することに長けており、絵の中の物一つ一つにローマ時代の遺物を描き、細部まで丁寧に描いていました。 当時、彼の芸術は大成功を収め、名声と富を手に入れました。 その結果、タデマはクライアントに合わせる必要がなく、この絵のように自分が表現したいものを自由に作ることができたのです。 さらには、自分自身を招待客の一人(右の緑のローブを着た男性)として描き、「皆が酔っている時に私は起きている」というようなスタイルで、皇帝を直視していたのです。

ローレンス・アルマ・タデマの「エレウカバルスの薔薇」は部分的に、右の緑の服を着た男性は画家自身の投影であり、冷静な観客である。 (Public Domain)

また、花びらの山の中にいる人々と同じ高さに鑑賞者を置き、その場にいるかのような印象を与えています。おそらく、絵の中の人々のように、目の前の美しさや喜びに魅了され、危険に気づかず、最終的には楽しみが極度に達すればかえって悲しみが生じることでしょう。
「Art Talk ARTIUM」より転載しました。

(翻訳 里見)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^