イラクの干ばつで、貯水池の底に3400年前の失われた都市が発見される

ここ数カ月、イラク南部は極度の干ばつに見舞われている。 農作物の乾燥を防ぐため、同国当局は昨年12月からイラクで最も重要な貯水池であるモスルダムからの分水を進めた。 ダムの水位が下がったことで、数十年前に水没していた古代都市がよみがえったのである。

中国建築上の十の奇跡(五)―秦始皇帝陵

周王朝以来、全て王朝の君主は「天子」と尊称されています。「天子」本来の意味は君主が天の子であり、天命により君主に人間の権威を付与することです。始皇帝以来、歴代の君主は皇帝と呼ばれ、天子も併用されています。秦始皇帝陵と明の成祖・永楽帝の紫禁城は雄大で美しくて、その上、迫力もあり、天子の尊威を表しています。また、文化上、美術上においても、千古不易の名作となっています。この二つの傑作は「天人合一」の意に従っています。
2021/07/16

中国建築上の十の奇跡(一)―襄陽護城河

中国五千年の文明史の中で、漢民族の人たちは不滅の文化を創造した。それは中国の人々、そして世界の人々に豊富、貴重な歴史の財産を残した。この中で偉大で壮大な中国古代水利プロジェクト、何千年もの間世界の技術を超え、世界の人々に驚かせた。ここでは壮大で美しく素晴らしい歴史的な写真をお楽しみいただけます――襄陽護城河(堀)、都江堰、秦始皇帝の霊廟、霊渠、楽山大仏、敦煌莫高窟、カナート、北京-杭州大運河、北京紫禁城、万里の長城。
2021/07/07

龔遂は王に諫言し、平和に反乱を治める

龔遂(きょうすい)は前漢の宣帝(せんてい 前漢の第9代)時代の地方官吏で、官職が高くないのですが、性格がまっすぐで、いつも忠義心を持って諫言(かんげん)しました。そして、彼は清廉潔白な人で庶民を愛し、一兵卒も使わずに渤海地域の反乱を治め、皇帝から高く評価されていました。
2019/09/06

ロシアの歴史を語る 明るく色鮮やかな古城 

サッカー観戦に現地を訪れる外国人サポーターたちにも、ぜひ紹介したいロシアの観光についてご紹介します。ロシアは1970年、観光産業の強化による戦略の一環として、観光ルート「黄金の環(ゴールデンリング)」を設けました。明るく色鮮やかなロシア宮殿や古城、大聖堂などをめぐるルートは、歴史や伝統的な建築を好むツーリストに大人気。おとぎ話にでてくるような建築物を目当てに、多くの観光客が訪れています。
2018/06/27

ロシアの歴史を語る 明るく色鮮やかな古城 

ロシアは1970年、観光産業の強化による戦略の一環として、観光ルート「黄金の環(ゴールデンリング)」を設けました。明るく色鮮やかなロシア宮殿や古城、大聖堂などをめぐるルートは、歴史や伝統的な建築を好むツーリストに大人気。おとぎ話にでてくるような建築物を目当てに、多くの観光客が訪れています。
2017/06/30