大紀元時報

首を怪我した野良犬 自ら獣医クリニックに助けを求めに

2021年7月17日 16時50分
ブラジルの首を怪我した野良犬が自ら獣医クリニックに助けを求めました。 イメージ写真
ブラジルの首を怪我した野良犬が自ら獣医クリニックに助けを求めました。 イメージ写真

ブラジルで首を怪我した野良犬が自ら獣医クリニックに助けを求めました。彼は獣医師の仕事が動物を治療することだと知っていたようです。 また、彼を治療した獣医師も彼女に助けを求めてここに来るように命じたのは神様かもしれないと言いました。

The Dodoのウェブサイトによると、ブラジル獣医イゴール・ホランダ(Igor Holanda)さんは先日、予約なしに突然彼のクリニックに入ってきたお客さんを見つけました。 それは犬でした。しかもその子は自分から入ってきたそうです。

ホランダはウェブサイトに、「子犬が静かに入ってきてじっとしていたんだ」とコメントをしました。 彼らは最初は子犬の目的が分からなかったので、飼い主が近くにいないか探してみましたが見つかりませんでした。

そして彼らは、この子犬は決して道に迷ったのではなく、野良犬で、首に怪我をしていたので人々に助けを求めて来たのだとわかりました。

勿論、子犬は予約をしていませんでしたが、ホランダは気にせずに子犬の首の治療をしました。

ホランダは、「子犬に近づいた時、助けを求めていることに気がついたので、子犬を診察室に連れていき、治療を行った後、傷口を消毒しました」と言いました。

彼は子犬の怪我にはまだ治療が必要だと言っています。彼はきっと子犬が完治するまで治療を続けることでしょう、もしかしたら彼は子犬に選ばれた獣医なのかもしれません。

彼は「助ける事が出来てとても光栄に思います。きっと神様が私にこの子犬の世話するようにとおっしゃっているのでしょう」と言いました。

彼はまた、この子犬が助けを求めてこのクリニックに来るという判断は、野良犬生活を終結させるかもしれません。怪我が完治した後、子犬里親探しを手伝います。と語りました。

彼はまた「神様がそれを望んでいるなら、きっと里親は見つかるでしょう、そしてそこで与えられるべき愛情を受け、世話をしてもらえるでしょう」とも言いました。

(翻訳 Amy)

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^