大紀元時報

中共当局VSクリス・ウー  今、中国の芸能界で起きていること

2021年8月18日 06時00分
AH86 / PIXTA
AH86 / PIXTA



中国共産党は、テクノロジー・ジャイアンツや教育産業に続いて、エンターテインメント業界に目を向けている。

カナダ系中国人のスター、クリス・ウーが7月末に強姦容疑で北京警察に逮捕された後、共産党の官製メディアは22人の有名人を名指しで批判し、ウェイボーは20人以上のスタジオにインタビューを行った。

業界アナリストによると、クリス・ウーの逮捕は、エンターテインメント業界の本格的な取り締まりに向けた重要なシグナルとなる可能性があるそうだ。

クリス・ウーが拘束された直後、彼のソーシャルアカウントはすべてブロックされ、「13370000」という数字だけが残された。

微博は直ちに108の関連ハイパーリンクを閉鎖し、789のグループを解散させ、990のアカウントを禁止して永久に閉鎖した。

中央インターネット情報局は、15万件以上の「マイナス情報」を一掃し、4000件以上の「違法なアカウント」を処分し、1300件以上の「問題のあるグループ」を閉鎖した。

クリス・ウーを支持していた芸能人の馬薇薇(Ma Weiwei)、脚本家の六六(Liu Liu)、蘇芒(Su Mang)の微博アカウントはすべて禁止された。

8月1日未明、六六はクリス・ウーの事件について謝罪を表明し、馬薇薇も自身の微博アカウントで謝罪した。

8月2日、中国共産党のウェブサイト「新華社」は、クリス・ウーの事件について、「近年、一部の人気芸能人は、喧嘩や闘争、売春、薬物使用、代理出産、強姦などにより、公人として極めて悪い社会的影響を引き起こしている」という珍しい記事を掲載した。

クリス・ウーの事件は、世論の話題になるだけでなく、芸能界にも警鐘を鳴らすべきである。

一方で、多くの公式メディアも厳しい言葉でコメントを発表している。

一部の芸能ブロガーは、同じく韓国のEXOの元メンバーであるルハンとホアン・ジツオも警察に召喚されたと報じているが、彼らは容疑者ではなく、警察はウーの交際サークルをチェックしているだけだそうだ。

また、クリス・ウーは生き延びるために、リン・ジュンジェ、ファン・ビンビン、バオ・ベイアー、パン・ウェイボー、ジン・ボー・ラン、ホー・グイなど多くの有名人に告白した疑いがあり、彼らはすぐに名乗り出て明らかにせざるを得ないという噂もある。

上記の2つのニュースは確認されていないが、中国メディアの報道によると、7月19日と20日、中国共産党の国家ラジオ映画テレビ総局(SARFT)は、64人の俳優やエージェントを対象としたいわゆる「芸術倫理研修コース」を開催し、「悪質なアーティスト」「高額な映画出演料」「不正契約」などの行為を高らかに非難して、エンターテインメント業界の浄化に乗り出したという。

クリス・ウーが拘束された後、中国共産党当局は再び芸能界を取り締まり、22人のアーティストの名前を挙げて、実際には「ニラ刈り」の目的で火鍋の店を開き、高いフランチャイズ料で儲けていると批判した。

22名のアーティストは、Chen He、Li Chen、angelababy、Zheng Kai、Du Haitao、Wu Xin、He Gui、Jia Ling、Wang Gull、Wang Zulan、Jing Boranなどが含まれる。

同時に、微博は20社以上の有名人のスタジオやエージェントを呼んで「ファンクラブ整理整頓に関する討論会」を開催し、ファンに合理的にスターを追いかけ、相互に引き裂くことや資金調達、財産を見せびらかすことに抵抗するよう求め、「スターパワーリスト」のダウンリスト化を発表した。

中国のエンターテインメント業界で著名な脚本家である汪海林氏は、今回の微博での議論は、実際には中国当局は「先礼後兵」(初めて礼を尽くし、うまくいかなければ武力を行使する)今後何かあっても微博が介入することはない」と述べている。

中国のテレビプランナーであり、金融コラムニストでもある石述思氏は、「クリス・ウーの事件は、規制当局がエンターテインメント業界を見直すための重要なシグナルとなるかもしれない。

しかし、台湾のベテランメディア関係者である呉子嘉氏は、今回のクリス・ウー事件は、中国共産党が鄭州水害事件を隠蔽するために、意図的に注目を集めようとしたものだと考えている。

芸能界のスターとして毎日のようにニュースになっていて、また掃きだめがあって、その後に鄭州の説明責任報告があって、それから風化していくのではないかと言っている。

彼は、クリス・ウーが刑務所に入り、カナダに送り返されて、これから蒸発していくと予想している。

また、瀋陽のネットユーザーである鄭さんは、フリーアジアを通じて、寧波での黒人外国人教師による女子大生の残虐な強姦殺人事件では、当局はこれほど大きな措置を取らなかったが、今回のクリス・ウーの注目を集める逮捕は、鄭州の洪水から世間の関心をそらし、当局が責任を問われないようにするための機会に過ぎないとコメントした。

時事問題の独自メディアコメンテーター章天亮教授は、クリス・ウーはカナダ人でありながら、中国共産党に積極的に迎合し、平和的な抗議活動中の香港人を弾圧する香港警察への支援を何千万人ものファンに呼びかけていることを人々に思い出させた。

時事評論家の李燕銘氏によると、中国共産党の宣伝・思想体系は、江沢民元党首のグループに支配されているという。

共産党の北戴河会議という敏感な時期に、アリババなどのテクノロジー・ジャイアントへの取り締まりのように、習近平が注目しているクリス・ウーの訴訟は、江の影響力に言及しているのだ。

彼は、クリス・ウーの事件は、芸能界やプロパガンダ体制の粛清の前哨戦に過ぎず、大舞台は始まったばかりだと考えている。

(編集者:邵亦)

関連キーワード
^