大紀元時報

大豆製品の選び方 絶対に避けたい最悪の豆腐は何?

2021年9月2日 14時45分
「豆腐」と呼ばれる製品にはいくつかの種類があり、適切なものを食べると、体重を減らし、カルシウムを補給し、筋肉量を増やすことができます( Caito / PIXTA)
「豆腐」と呼ばれる製品にはいくつかの種類があり、適切なものを食べると、体重を減らし、カルシウムを補給し、筋肉量を増やすことができます( Caito / PIXTA)

豆製品にはさまざまな種類がありますが、それぞれ成分やカロリー、体への効果が異なります。 豆腐豆腐干、豆乳の中で、最も健康的な選び方は何でしょう。

豆製品カロリーを比較する 油を使った最悪の豆腐はこれだ

豆腐、乾燥豆、大豆製品の中で、あなたが好きなものはどれですか? 先に言っておきますと、私は百頁豆腐(押し豆腐)が怖いです。

では、豆製品がどのように作られているかをご紹介しましょう。

大豆を搾って豆乳を作り、凝固剤を加えておからを作ります。

そのおからを油で揚げて油揚げや凍み豆腐を作ります。 それを加圧して乾燥させると、高野豆腐になります。

餡を加熱すると、上に乗っているフィルムの層が豆の皮になります。

栄養士が恐れる豆腐の多くは、大豆たんぱく質、増粘剤としてのでんぷん、大豆油、食品添加物から作られています。 簡単に言うと、大豆油を加えているので、油分が多いのです。 一般的な185gの豆腐の場合、363キロカロリーになることもあります。

豆腐カロリー表をご紹介しますので、賢く豆腐を選ぶ方法を知っておいてください。

豆腐1丁:363kcal(185g)

● 市販の板状の豆腐1箱:352kcal(400g)

● 高野豆腐1箱:340.6kcal(260g)

● 絹ごし豆腐1箱:159kcal(300g)

● 三角巾の油揚げ2枚:88kcal(55g)

● 揚ゆば1枚:78kcal(20g)

● ゆば1枚:68.9kcal(33g)

● 無糖豆乳1カップ:55kcal(260ml)

● 高野豆腐(小):51.5kcal(32g)

豆腐の選び方は? カルシウム、筋肉増強、脂肪なしのために正しいものを食べる

正しい豆腐の食べ方をすることが大切です。

カロリー重視:豆乳、豆花、豆腐

カルシウム重視:乾燥豆腐、高野豆腐、伝統的な板状の豆腐

たんぱく質重視:高野豆腐や煮干し
 

太りたくない 百頁豆腐やゆばを食べない

豆腐は、できるだけ大豆の原型に近いものを食べるのがよいでしょう。 大豆に含まれる大豆イソフラボン、ビタミンE、ビタミンB群は、良質な植物性たんぱく質が豊富でコレステロールがないことに加え、代謝や腸内環境を改善する効果があります。

高野豆腐の作り方は、実は柔らかい豆腐と似ています。カロリーの違いは、主に凍み豆腐から水分を取り除いているため、カロリーが高くなっていることにあります。 炒めたり揚げたりすると、当然カロリーや脂肪分が増えます。豆腐にはさまざまな食べ方があるので、自分に合った食べ方を選んで、よりヘルシーな食事を楽しみましょう。

(翻訳 井田)

関連キーワード
^