大紀元時報

高速道路で一人取り残された高齢者女性 米州警察が間一髪で到着して救出

2021年9月2日 06時00分
まちゃー / PIXTA
まちゃー / PIXTA

高速道路での立ち往生は、一時的な不便さで済むこともありますが、最悪の場合、悲惨な災難となることもあります。

アメリカのノースカロライナ州に住むあるおばあさんが、最近、大変な事態に見舞われました。 一人で車を運転していた彼女は、インターステート85(I-85)でガス欠になりました。

幸いなことに、彼女が警察に助けを求めた後、親切な人たちが彼女を助けてくれました。 州警察のコギンス隊員とリンチ隊員が現場に到着し、彼女の安全を確認しました。

コギンス隊員はガソリンを取りに行き、リンチ隊員は女性を車に乗せて待っていました。
彼女の車にガソリンを入れた後、州兵は彼女に昼食をおごりました。

ハイウェイ・パトロールのディスパッチャーであるアンドレア・ロウ氏は、この出来事を知り、一緒に写真を撮ってほしいと頼みました。 彼女はその写真を手に入れ、待ちきれずに自分のFacebookページに投稿しました。

「この素敵な女性は、一人で旅行中に誤ってガス欠になり、アラマンス郡の交通量の多い州間高速道路85号線の脇で立ち往生してしまいました ......彼女は助けを求めなければならず、この苦境にいることが恥ずかしいと告白しました」

「彼女の車にガソリンを入れるのを手伝った後、2人の州警察官が彼女を昼食に誘い、フォスターとギブスという2人の警察官も加わりました。 これは、素晴らしい物語で、この二人の警官の完璧なサービスです。 この組織・家族の一員になれたことを光栄に思います」とロウ氏は投稿に書いています。

ロウ氏は後にEpoch Times紙に、コギンスさんとリンチさんのことを「よく知っていて、何年もの間、彼らを単なる同僚ではなく、良い友人だと思っていた」と語りました。 「彼らが彼女をランチに招待したのは、本当にいい人たちだからだと思います」と付け加えました。

その高齢女性は、自分一人で旅行しているので「とても感謝している」ようだったと言います。

「この話は私の心が温まり、人間にはまだ良いところがあることを証明してくれました」とロウは付け加えました。

この投稿は大きな反響を呼び、記事を書いている時点で、数百の肯定的なコメント、3,000以上の「いいね!」、6,000近くのリツイートが寄せられ、多くの人が警察官の優しさを称賛しています。

 

関連キーワード
^