(golubovy / PIXTA)

子供「セロリ嫌~い」それでも、なんとか食べさせましょう

日本の「春の七草」の始めに、(せり)があります。日本原産の野生種ですが、食用にもなるため栽培もされています。

ところが、中国語で「菜」というと、なぜか種類が変わって「セロリ」になるんですね。
日本でもよく利用されるセロリ中華料理では炒めものなどによく使われますし、中国餃子の具にもぴったりです。
 

セロリの種」がもつ特効
 

セロリには、好悪が分かれるような独特の香りがありますので、子供ばかりでなく、大人でも苦手な人がいるかもしれません。でも、セロリは、ぜひ好きになって積極的に食べてほしい野菜なのです。

皆様もご存じの通り、野菜としてのセロリは、葉も茎も、食物繊維が豊富で各種ビタミンや、カリウムリンなどのミネラルを含む、まことに利用価値の高い野菜です。
 

そのうえ「セロリの種(種子)」も市販されていて、これがなかなか健康効果の高い食材なのです。

セロリの種には、血圧を下げる効果があります。

セロリの種が含有する、血圧を下げ血脂を下げる成分は、セロリの葉や茎部分の50倍であると言われています。短期間の使用でも血圧や血脂を下げる効果が見られ、長期にわたって毎日の食事などに活用すれば、他の漢方薬や西洋薬より優れた効果があらわれることもあります。もちろん、いかなる副作用もありません。

セロリの種はほかに、リューマチ関節炎、痛風、高尿酸症などにも、症状を緩和する作用が認められます。
 

「漢方の理論」にもかなうセロリ療法
 

セロリはまた、清熱涼血(血の熱さを冷ます)、止血調経(血を止め、月経を調節する)の効能を有します。

セロリを搾ってジュースにすると、その有効成分をよく吸収することができますので、服用の方法として非常に便利です。ジューサーを使ってセロリを絞った場合、絞りかすは捨てずに冷凍しておき、カレーやシチューなど、他の煮込み料理に入れて無駄なく活用してください。

セロリの葉の部分は、血圧を下げる、利尿、食欲増進、健胃などの薬理効能を有しています。高血圧、動脈硬化、神経衰弱、生理不順など各症状の改善に、食事からの有効な療法としてセロリを活用すれば、きっと良い結果が得られるでしょう。

はじめは「セロリ嫌~い」といって食べなかった子供さんでも、お父さんお母さんがおいしそうに食べる姿を見せてあげれば、きっと食べられるようになります。

セロリ大好きになって、ほかのお友達が嫌いで食べられないときに、「僕、セロリ食べられるよ。ほら」といって元気に食べて見せる子供は、もしかすると将来、アスリートになるかもしれません。

(文・杜美賢/翻訳編集・鳥飼聡)