認知症を予防するために「週3回は魚を食べましょう」(2)

脳の正常な血流を維持するには、心臓が健康でなければなりません。そこで、ぜひ食べていただきたい食品、摂取してほしい栄養素、実行したい生活習慣を中心に、「認知症にならない5つの方法」をご紹介します
2022/03/23

ダークチョコレートを毎週食べると、心臓病のリスクが減る!

「チョコレートは健康に良い」という謳い文句を見出しで見ると、つい買いたくなる人もいるでしょう。この記事では、ダークチョコレートの健康効果について、大規模な研究によって裏付けされた事実をいくつかご紹介します。
2022/03/17

赤ワインは本当に心臓に効き、血圧を下げることができるのでしょうか?

赤ワインが血圧を下げ、心臓の健康にも良いという説は多いです。しかし実際は、赤ワインの血行、血管、循環器系の健康への効果は誇張されています。なぜダメなのか…?楽しみながら健康効果を信じたいと思わない人はいないでしょう。
2022/02/13

「ヨーグルトを毎日食べましょう」その10大効能に注目!

プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える微生物(善玉菌)のことで、多くの食品のなかに自然に存在します。西洋の食材でいえば、プロバイオティクスの最も一般的な源はヨーグルトです。
2022/02/10

「熱いココアを一杯どうぞ」風邪の予防にも役立ちます

まだまだ寒い季節。ふと「温かいココアが飲みたいなあ」と思いませんか。日本のある研究によると、「1日1杯のホットココアが、インフルエンザを予防し、健康維持に役立つ可能性がある」と言います。
2022/02/04

むくみ解消にも期待!台湾風ぜんざい「小豆スープ」

寒い日が続くと、甘党の人には「おしるこ」や「ぜんざい」などが恋しくなってくる人もいるのではないでしょうか? 台湾ではこれに似たおやつとして「小豆スープ」がヘルシーなおやつとして楽しまれているようです。
2022/01/28

「冬の温度差に注意して!」心筋梗塞を防ぐ方法

寒い冬は、心血管疾患の多発期です。気温が低いと心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなり、重度の後遺症が残ったり突然死に至ることもあります。
2021/11/30

コーヒー好きの方、ご注意ください「一緒に飲めない薬があります」

「コーヒーは健康に有益か、否か」は昔から議論されてきましたが、ここではそのことには触れず、飲み合わせの注意点についてお話しましょう
2021/11/27

秋は意外と乾きます「秋燥」にご注意ください

鼻の中が乾く、乾いた咳が出るなど乾燥に悩まされる今の時期、漢方の考え方から見るとこんな時期の飲食のポイントは滋陰潤肺、生津解渇を原則とするのがよいとされている。つまり「体を潤す飲食を心がける」という意味だ
2021/11/04

子供「セロリ嫌~い」それでも、なんとか食べさせましょう

皆様もご存じの通り、野菜としてのセロリは、葉も茎も、食物繊維が豊富で各種ビタミンや、カリウムやリンなどのミネラルを含む、まことに利用価値の高い野菜です。
2021/10/10

中高年の方々へ「極端な食事制限も良くないですよ」

私は栄養士という職業柄、3高(高血圧、高血糖、高脂質)の改善のため、さまざまな患者さんの食事指導に当たることも多いのですが、今回は「あまりに極端な食事制限も良くない」ということをお話したいと思います。
2021/08/20

「3高」は腎臓病のハイリスク要因「なんとかしなけりゃ」

台湾衛生福利部の国民健康署が行ったある調査によると、高血圧、高血糖、高脂血症の人、いわゆる「3高」の人が5年以内に腎臓病になる確率は3高者でない人より、それぞれ1.7倍、2.4倍、1.6倍高いことが分かりました。
2021/08/19

「お茶を一服どうぞ」あなたの更年期の辛さを和らげます

更年期の症状は人によって違います。 ある人は40代の初めに月経がなくなり、またある人は体の不調が5~10年続く人もいます。
2021/08/06

「けっこう怖いエアコン病」急激な温度変化に気をつけて

猛暑の屋外からエアコンの効いた涼しい建物に入ると、確かに「気持ちいい」ですよね。
2021/07/24

クラシック音楽の健康効果 最新の研究によってそのメカニズムが明らかに

ラップやポップ、そしてハードロックなどが音楽シーンを席捲する現代にあって、クラシック音楽を愛好する人は少数派だ。しかしクラシック音楽の鑑賞によって、免疫機能の改善や血圧低下などのメリットがあることが判明しているという。
2019/02/23