コーヒーかすは、湿気を吸収したり、家の中の消臭などに最適です( CORA / PIXTA)

コーヒーかすで消臭・除湿 その7つの方法

残ったコーヒーのカスをゴミ箱に捨てるのはもったいない。実は、コーヒーかすは少し工夫するだけで、吸湿、消臭、清掃などに利用することができます。

コーヒーかすの7つの使い方と、乾燥後のさらなる活用法

コーヒーかすの再利用方法は、吸湿、消臭、洗浄などさまざまです。ただし、使用前には乾燥させた方が良いでしょう。

「生活の魔術師」と呼ばれる家庭の専門家、陳英禄氏によると、自宅で淹れたものであれ、喫茶店から持ち帰ったものであれ、コーヒーの粉は浸す過程で多くの水分を含んでいるため、長期保存ができず、カビが発生しやすいようです。下駄箱やタンス、洗面台の下などに消臭のためにコーヒーの粉を入れておくことはよくありますが、これらの場所は風通しが悪いため、濡れたコーヒーの粉を入れるとカビが生えやすくなります。

その分、乾燥させたコーヒーかすは、カビが生えにくいだけでなく、保存もしやすいです。特に、コーヒーショップでコーヒーかすを大量に頼んだ場合、すぐには使い切れないことが多いので、乾燥させてから保管すると長持ちします。

すぐに飲みたい場合は、乾燥させずにそのまま使用することもできますね。

また、コーヒーかすを乾燥させる方法も非常にシンプルです

天日干しは簡単で便利ですが、天候に左右されます。あと電子レンジでも乾燥できますが、コーヒーかすには少々の油分が含まれており、電子レンジの温度が高いと焦げたような臭いがしやすいので、低温を選び、時間をかけてゆっくりと乾燥させることが望ましいです。

コーヒー粉の乾燥の理想的なレベルは、手で掴んで保持して離したときに、コーヒー粉がダマにならずにさらさらしている状態です。

1.部屋の消臭

材料:乾燥したコーヒーかす、空き瓶、ペーパータオル、輪ゴム

乾燥させたコーヒーかすを空の容器に入れ、下駄箱などの臭いや湿気のある場所に置いておく。 コーヒーかすは、空気中の臭いや水分をゆっくりと吸収していきます。

粉の吹きこぼれなどが心配な場合は、ボトルの上部にペーパータオルをかぶせ、輪ゴムで縛ります。 10日ごとに確認し、コーヒーの粉が目に見えて塊になってきたら、湿っているので捨てて交換してください。

コーヒーの粉はガーゼ袋に入れると粉が落ちやすいのでお勧めできません。コーヒーの粉を入れるためにガーゼ袋を使う人もいると思いますが、ガーゼ袋の綿素材はガーゼに比べて多孔質ではありませんが、それでも漏れを防ぐためには2重に入れる必要があります。

2.ゴミの消臭

材料:乾いた、または濡れたコーヒーかす

ゴミ収集車が来ない日や、ゴミを出すのが遅れた時など、ゴミや生ゴミが臭くてもすぐには取り出せない場合に適しています。 緊急時の悪臭除去のために、ゴミや生ゴミの容器に直接コーヒーの粉を振りかけるだけで消臭できます。

3.手を綺麗にする

材料:乾いたコーヒーかすか湿ったコーヒーかすとハンドソープ。

食べ物を扱ったり、ガーデニングや工作をしたりして手が汚れたり、食べ物の匂いがしたりしたときは、コーヒーかすを取って、少量のハンドソープと一緒に手にすり込ませます。

コーヒーかすの粒による研磨効果で、肌に負担をかけずに効果的に汚れを落とし、魚臭などの臭いを洗い流します。

4.コーヒーかす石鹸を作る

材料:乾燥したコーヒーかす、石けん、鍋(または電子レンジ)、水少々、型(なくても可)

小さくなって擦れなくなった石けんを数個鍋に入れ、少量の水を加えてゆっくり加熱して石けんを溶かしてペースト状にする。または、電子レンジで石けんが柔らかくなるまで加熱します。

次に、コーヒーかすと石けんを加えて混ぜ、型に流し込むか、手で絞って好きな形にし、冷やして固めてから取り出して使います。

陳さんによると、コーヒーの香りと混ざらないように、軽めの香りの石けんを選ぶのがお勧めです。石鹸に対するコーヒーかすの割合は決まっていないので、より粒感を出したい場合や、コーヒーの香りを強くしたい場合は、コーヒーかすの量を増やしましょう。

コーヒーかすの石鹸は、コーヒーの香りと石鹸の洗浄力で、コーヒーかすで洗うのと同じよな効果が期待できます。また、「手が汚れている時、よりよく洗えるようになります。」と彼女は付け加えました。

5.汚れや油脂の除去

材料:乾燥または湿ったコーヒーかすとふきん。

タイルやシンク、ガスコンロ、鍋などは、汚れや油がつきやすいものですが、油性の性質を持つコーヒーかすを使うことで、油で油を落とし、摩擦で汚れを落とすことができます。 ただし、コーティングが剥がれやすいので、ノンスティックフライパンには適していません。

掃除するものの上にコーヒーかすを振りかけ、雑巾やふきんで磨く。または、食器洗い用のスポンジを濡らして、コーヒーかすをつけて磨く。コーヒーかすが表面を傷つけるかどうかわからない場合は、まず目立たない部分を磨いてテストすることをお勧めします。

6.木床の掃除やコーティング

材料:乾いたまたは濡れたコーヒーかす、いらないストッキング。

コーヒーの粉をストッキングに入れ、円を描くように木の床をこすると、きれいに磨けます。コーヒーの粉には油分が含まれているので、床にメンテナンス用の油を塗ったのと同じ効果があります。

7.肥料 

原材料:乾燥したコーヒーかす

コーヒーかすは土壌を酸性にすることができ、ツツジやイチゴなど酸性の土壌を好む植物に適しています。そのためには、乾燥させたコーヒーかすを土に混ぜ、3ヶ月間放置すると、分解されて土の養分となります。

濡れたコーヒーかすをそのまま土の表面に振りかけると、カビが生えやすくなり、植物が枯れてしまいますので注意してください。

他にもインターネット上では、コーヒーかすの素晴らしい使い方が紹介されていますが、より具体的な使い方のいくつかを知っておくことは重要です。 例えば、コーヒー豆を使って顔の角質を除去したり、マッサージオイルに混ぜてセルライトを除去したり、頭皮をマッサージして老化した頭皮細胞を除去したりすることができます。

皮膚科医によると、これは逆効果だと言えます。まず、コーヒーの粉の大きさはさまざまで、肌をこするときにダメージを与えやすいこと、次に、角質除去はすでに不要な行為であることです。羅棋守皮膚科クリニックの主治医である周宛儀先生によると、皮膚科医は実際に角質除去を推奨しておりますが、無差別に行うことを推奨しているわけではない。と語りました。

キューティクルは肌の一番外側の層で、なめらかさ、明るさ、保湿、肌の健康に深く関わっています。肌が健康で、毎日きちんと洗っていれば、自動的に新しいものに入れ替わっていきます。角質を除去しすぎると、短時間で肌を滑らかにすることができるかもしれませんが、それ以上に肌を傷つけたり、敏感肌になったりする危険性があります。

一方、コーヒーのカスを使ってセルライトを除去したり、頭皮をマッサージしたりすることにはあまり意味がなく、読者は撹乱されていると周万義氏は言います。例えば、セルライトとは、皮下脂肪が真皮の中に入り込み、皮膚の表面がオレンジの皮のような凹凸になっている状態を指します。角質除去は表皮層をターゲットにしているだけで、セルライトのメカニズムとは関係もなく、効果も期待できません。

(翻訳・志水慧美)